うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

次回予告~『浦島太郎』~

さてさて、次回からリクエストのあった『浦島太郎』を読んでいこうと思うのですが、その前に1ページ目の予習

f:id:KihiminHamame:20180517172841j:plain
国立国会図書館デジタルコレクション - 御伽草子. 第21冊 (浦嶌太郎)

ほら、字が大きいから、くずし字を読む練習にピッタリ!!!

ヒントっ!

f:id:KihiminHamame:20180517172903j:plain

ねえ、ねえ、例えば最初の「か(可)」だけどさあ、どう頑張っても僕には「か」って読めないんだよね。

f:id:KihiminHamame:20180517172958j:plain

そりゃそうだよ、今の「か」と違うんだから。


今の平仮名の「ka」漢字の「加」崩した字だけど、
この「ka」f:id:KihiminHamame:20180517172958j:plain漢字の「可」崩したものだもの。

つまり、今の平仮名の「ka」「加」の崩し一種類だけだけど、この当時は「可」の崩しやら「賀」の崩しやら「閑」の崩しやら、平仮名の「ka」でも何種類もあったんだよ!

それが、明治になって平仮名の「ka」は、「加」の崩しの「か」一種類に統一されたんだよ!


例えば、このページでも、「tu」「川」の崩し「徒」の崩し二種類「ke」「遣」の崩し「介」の崩し二種類、「ni」「尓」の崩し「耳」の崩し二種類あるでしょ!

f:id:KihiminHamame:20180517174634j:plain

※実は今の平仮名の「つ」「川」の崩しだったりします。
同じ漢字の「川」の崩しでも崩し方が違ったりするから厄介なのですw

わかった♪ たとえるなら、僕、三つ目でも何パターンかあるってことだね♪

f:id:KihiminHamame:20180517173057j:plain

違う。

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪ NEW!

 

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)