うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

芝の神明宮 ~『金草鞋』初編より~

一行芝の神明宮に向かいますヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

f:id:KihiminHamame:20200914150131j:plainf:id:KihiminHamame:20200914150138j:plainf:id:KihiminHamame:20200914150134j:plainf:id:KihiminHamame:20200914150142j:plain

※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。
金草鞋. 1編 - 国立国会図書館デジタルコレクション

翻刻

芝神明宮《しばしんめいくう》

日本ばしどをり⏎まつすぐに京ばし
をわたりをわり丁の⏎ほていやかめやを見て
きもをつぶししんばしを⏎すぎてしばのしんめいへ
いたりけるにをりふし⏎ゆだての大がましんぜんに
ありければ

狂 あの釜《かま》でめしサ
たきやるか出来 秋《あき》の
神明ならバうまく
あんべい

これからぞうじやうしさまへハどふ
いきますときいたらつきあたりて
ミぎりのほうへいけとあそこでふとが
いひ申たからむかふからくるふとへそつと
ふつかつてきゝますべいがいにひどくつき
あたつたらほてはらのうつつたつだんべい

「ある⏎ほど
おゑどハ⏎ゑい女の
あるとこ⏎だァうら
きが⏎わる⏎く⏎なり⏎申た

【現代語表記】

芝神明宮《しばしんめいぐう》

日本橋通り真っ直ぐに、京橋を渡り、尾張町の布袋屋・亀屋を見て肝を潰し、新橋を過ぎて芝の神明へ到りけるに、折節、湯立ての大釜、神前にありければ、

狂 あの釜《かま》で 飯さあ 炊きやるか
出来秋《できあき》の 神明ならば 旨くあんめい

「「これから増上寺様へはどう行きます」と聞いたら「突き当りて右《みぎり》の方へ行け」とあそこで人《ふと》が言い申したから、向こうかた来る人《ふと》へそっとぶつかって聞きますべい。
我意《がい》に酷く突き当たったら、布袋腹《ほてばら》のう突っ立つだんべい」

「成程《あるほど》、お江戸は良《え》い女の在る所だあ。
己《うら》気が悪く成り申した」

【現代語訳】

芝神明宮《しばしんめいぐう》

日本橋通りを真っ直ぐ進み、京橋を渡って、尾張町呉服屋布袋屋亀屋繁盛ぶりを見てビックリし、新橋を過ぎて芝の神明宮に着きました。
ちょうど湯立ての大釜神前にあったので、二人狂歌一首詠みました。

狂歌 あのを炊くのですか。
稲が良く実った秋の頃出来《できあき》と言うが、祭り有名芝の神明宮だから、さぞかし旨いが炊けるんでしょうなあ、じゅる。

延高or千久羅
「「ここから増上寺へはどうやった行けますか?」と聞いたに、「突き当って右の方に行きなされ」とあそこでが言っています。
なので、我々も向こうから来たに、そっとぶつかって聞くことにしましょう。
やたらとひどくぶつかったら、を立てるでしょうから、そっとですぞ」

延高or千久羅
「なるほど、お江戸エエ女がいる所ですなあ。
おら、なんだかムラムラしてきました。」

【解説】

日本橋から増上寺までのルート戸切絵図でどうぞヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20200914152417j:plainf:id:KihiminHamame:20200914152421j:plain
〔江戸切絵図〕 - 国立国会図書館デジタルコレクション


この箇所、延高なのか千久羅なのか、どっちのセリフかはっきりしませんが、どっちかのセリフであることは確かでしょう。

神事を行うための大釜を、たくさんのを炊くと勘違いするほど、あいかわらず食い意地が張っています。

道を突き当たるを、人に突き当たる勘違いするのは、もはや田舎者云々というより、おバカの域に達しています。

女性を見てムラムラするし、この二人、どうしようもなくて、読んでいてどう解説すりゃいいか困り果てていますヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目コーナー

もう季節だねヾ(๑╹◡╹)ノ"

お前の顔を見るのも飽きたよヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

◆インフォメーション

「を知る通信」さんに、「あなたの家の中にいるかもしれない衝撃の妖怪五選」という記事を寄稿しましたので、ぜひご覧ください!ヾ(๑╹◡╹)ノ"
はてなブックマークでのコメントもぜひ!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

news.woshiru.com

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション 

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪
全訳 男色大鑑〈武士編〉

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 
男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w