うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

愛宕山 ~『金草鞋』初編より~

 

f:id:KihiminHamame:20201008213418j:plainf:id:KihiminHamame:20201008213421j:plain
※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。
金草鞋. 1編 - 国立国会図書館デジタルコレクション

翻刻

中之巻 愛宕山《あたごさん》

しんめいよりぞうじやうじへさんけいしそれより
あたごへまいりけるさん上よりしな川おきをひとめに
見わたしふうけいことばにつくしがたしちくらぼう此男坂
のぼるとて

狂 天狗《てんぐ》ばたほどに愛宕《あたこ》の
坂さあへよんこやくとうあがる
だんべい

狂 きんたまのうつるくし
ながら坂さあで
ぶらりへこしハだら
かしにけり

あん内
「ばくろてうのあたごやから
あたごたと出かけてあたごへ
きたらはらがへつたあたごの
かばやきでちやづりたいもの⏎だ

「女がこのさかをあがつたら
さぞ濡れてよかろう

【現代語表記】

中之巻 愛宕山《あたごさん》

神明より増上寺へ参詣し、それより愛宕へ参りける。
山上より品川沖を一目に見渡し、風景言葉に尽し難し。
千久羅坊、此の男坂を登るとて

狂 天狗旗《てんぐばた》 程に愛宕《あたご》の 坂さあへ よんこやくとう 上がるだんべい

狂 金/玉の 吊るくしながら 坂さあで ぶらりへこしは だらかしにけり

案内
「馬喰町のアタゴ旅籠屋《はたごや》から、アタゴあちゃこちゃ」またはあちこち」出掛けて愛宕へ来たら、腹が減った、アタゴ穴子あなごの蒲焼きで茶漬りたい物だ。」

「女がこの坂を上がったら、さぞ濡れて良かろう。」

【現代語訳】

中之巻 愛宕山《あたごさん》

芝の神明宮から増上寺参詣し、それから愛宕山参詣しました。
愛宕山の上から品川沖まで一望でき、その風景の素晴らしさは言葉に言い表せないほどです。
千久羅坊愛宕山の上に通じる男坂と言う石段を上る際に狂歌を詠みました。

千久羅坊の狂歌
みたいに[凧を揚げたくらいの高さがある]愛宕山男坂を、わざわざやっとこさ上《あ》がる「凧が揚《あ》がると掛けた]んだべ。」


千久羅坊の狂歌
ワシについてるキャンタマが、を上ったらぶらぶらゆれて、そのせいでフンドシがゆるんでしもうた。」


案内人
馬喰町旅籠屋から、あちこち観光して愛宕山まで来たら、が減ったので、穴子の蒲焼き茶漬け飯でも食いたいもんだ。」


参詣者?
がこのを上ったら、なにしろ男坂と言う名前だから[ぶらぶら揺れる男のキャンタマでも見て]、感じてさぞかし濡れて良い気持ちになるんだろうな。」

 

【解説】

案内人日本橋での鯛尽くしに続いて、今度は愛宕尽くしですヾ(๑╹◡╹)ノ"

えっと、ほかの部分に関しては、はい、あえてもう、解説はしません(笑)ヾ(๑╹◡╹)ノ"

その代わり、今回は、芝の神明宮の回で寄せられた質問に答えるますヾ(๑╹◡╹)ノ"kihiminhamame.hatenablog.com

id:Kitajskaya さん からのご質問

気が悪くなるというのは、ムラムラするという意味なのは面白いですね。逆に気が良くなるというとどういう意味になるのでしょうか?

もちろん、「気が良い」「気分が良い」という意味で、普通「気が悪い」「気分が悪い」という意味です。

ただ、状況によって意味が多少なりとも変わってくるのが現代語訳の難しい所。
当該箇所「気が悪くなる」→「気が変になる」→「女性を見て気が変になる」→「ムラムラする」というわけですヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目コーナー

北見花芽を見て気が悪くなったよヾ(๑╹◡╹)ノ"

ワシだって三つ目を見るといつも気が悪いよヾ(๑╹◡╹)ノ"

???

???

 

 

◆インフォメーション

「を知る通信」さんに、「あなたの家の中にいるかもしれない衝撃の妖怪五選」という記事を寄稿しましたので、ぜひご覧ください!ヾ(๑╹◡╹)ノ"
はてなブックマークでのコメントもぜひ!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

news.woshiru.com

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション 

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪
全訳 男色大鑑〈武士編〉

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 
男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w