うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

出合って10日のスピード婚 ~『浦島太郎』その7~

『浦島太郎』の続きだよ!

僕もプロポーズされたいなあ。

f:id:KihiminHamame:20180525190004j:plainf:id:KihiminHamame:20180525190009j:plain

f:id:KihiminHamame:20180525190014j:plainf:id:KihiminHamame:20180525190021j:plain
国立国会図書館デジタルコレクション - 御伽草子. 第21冊 (浦嶌太郎)

翻刻

うらしま太郎申けるハ
ともかくも仰(おほ)せにした
がふべしとぞ申ける。さて
かいらうとうけつのかたら
ひもあさからず。てんにあら
ばひよくのとり。地(ち)にあらバ
れんりのえだとならんと。
たがひにゑんわうのちぎり
あさからずして。あかしくら
させ給ふ。さて女ばう申ける
は。これはりうぐうじやう
と申所なり。此ところに
四方に四きの草木(さうもく)をあ

らハせり。いらせ給へみせ申
さんとて。ひきぐして出
にけり。まづひがしのとを
あけてみけれバ。春のけし
きと覚(おぼへ)て。むめやさくら
のさきみだれ。やなぎのいと
も春(はる)かぜに。なびくかす
みのうちよりも。うぐひす
のねものきちかく。いづれ
木(こ)ずゑも花なれや。南(みな)ミ
おもてをみてあれバ。なつの
けしきとうちみえて。春
をへだつるかきほにハ。

[※赤字が前回のくずし字クイズの答えです。]

【現代語表記】

浦島太郎申しけるは、
「ともかくも、仰(おお)せに従うべし。」
とぞ申しける。
さて、偕老同穴[かいろうどうけつ][共に年を取り、同じ墓に入ること]の語らいも浅からず、
「天にあらば比翼の鳥[雄と雌が一体になった鳥][仲の良い男女のたとえ]、地(ち)にあらば連理の枝[二つの木同士がつながった枝][仲の良い男女のたとえ]とならん」
と、互いに鴛鴦[えんおう][おしどり][仲の良い男女のたとえ]の契り浅からずして、明かし暮らさせ給う。
さて、女房申しけるは、
「これは竜宮城と申す所なり。
この所に四方に四季の草木(そうもく)を表せり。
いらせ給え。見せ申さん。」
とて、引き具して出にけり。
まず、東の戸を開けてみれば、春の景色と覚え(おぼえ)て、梅や桜の咲き乱れ、柳の糸も春(はる)風に靡く[なびく]
霞の内よりも、鶯の音も軒近く、何[いず]れの木(こ)ずえ[梢]も花なれや。
南(みな)み表[おもて]を見てあれば、夏の景色と打ち見えて、春を隔つる垣穂には、

【ざっくり現代語訳】

浦島太郎は、

「どうにもこうにも、おっしゃる通りにいたします。」

と、プロポーズを受け入れたのでした。

さて、二人は、

で言うなら比翼の鳥で言うなら連理の枝のようになりましょう。」

と、ずっと仲良くする約束をしっかりして、一緒に暮らし始めました。

ある時、女房は、

「ここは竜宮城という所です。

ここの東西南北には、四季折々の草花をあしらっています。

どうぞいらっしゃいませ、見せてさしあげましょう。」

と、浦島太郎を案内するために連れ出しました。

まず、東の戸を開けてみると、春の景色のようで、梅や桜が咲き乱れ、柳の枝も春風になびいています。

春霞の中からの鶯の鳴き声も、軒先近くまで聞こえ、どの木の先にも花が咲いています。

南の戸を開けてみると、夏の景色のようで、春との境の垣根には、

【解説】

あっさりプロポーズを受ける浦島さん
絶対に船の中既成事実を作られてしまったに違いありません(笑)
「仰せ」などと言う言葉を使っているところをみると、おそらく身分が高いと思われる女性には逆らえなかったのでしょうね。
浦島さん「逆玉」ですね(笑)
この感じだと婿養子でしょうか?

この話で謎の女性はずっと「女房」と呼ばれています。
「女房」はここでは「女性」の意味なのですが、結婚して文字通り「女房」になってしまったので、ここから先の【ざっくり現代語訳】では「女性」ではなく「女房」と呼ぶことにします。

それにしても、一年中四季の様子が見れる場所、とてもこの世とは思えません。
浦島さんはおかしいと思わなかったのでしょうか?

次回予告とくずし字クイズ

これは秋の様子でしょうか?
f:id:KihiminHamame:20180525190320j:plain

ヒントっ!
f:id:KihiminHamame:20180525190340j:plain

三つ目コーナー

そういえば、このブログ最初に取り上げた『男色比翼鳥』にも「比翼の鳥」連理の枝が出てきたよね♪

kihiminhamame.hatenablog.com

kihiminhamame.hatenablog.com

kihiminhamame.hatenablog.com

あの頃は三つ目一つ目輪っかに顔がついた奴もいなくて良かったよ。。。

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪ NEW!

 

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆下の広告をクリックしていただけたら、ありがたいです♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)