うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

竜宮城は一年中、四季を楽しめるので、時が経つのを忘れそうです♪ ~『浦島太郎』その8~

『浦島太郎』の続きだよ!

僕も竜宮城に行ってみたいなあ。

f:id:KihiminHamame:20180526193806j:plainf:id:KihiminHamame:20180526193810j:plain

f:id:KihiminHamame:20180526193814j:plainf:id:KihiminHamame:20180526193820j:plain
国立国会図書館デジタルコレクション - 御伽草子. 第21冊 (浦嶌太郎)

翻刻

卯花(うのはな)や。まづさきぬらん。池(いけ)
のはちすハ露(つゆ)かけて。ミぎ
はすゞしきさゞなミに。
水とりあまたあそびけ
り。木(き)々のこずゑもしげ
りつゝ。そらになきぬる
せミのこゑ。夕だち過る
くもまより。こゑたてと
をるほとゝぎす。なきて
夏(なつ)とやしらせけり。にしハ
あきとうちみえて。四方(よも)の
こずゑももみぢして。ませ
のうちなるしらぎくや。

きりたちこむるのべのす
ゑ。まはぎが露をわけ/\
て。こゑものすごきしかの
ねに。あきとのミこそ
しられけれ。さて又きたを
ながむれば。冬のけしきと
うちみえて。よもの木(こ)ず
ゑも冬(ふゆ)がれて。かればにを
けるはつしもや。山/\や
たゞ白たえの。雪(ゆき)にむも
るゝ谷(たに)のとに。心ぼそくも
炭(すみ)がまの煙(けふり)にしるきしづか
わざ。冬(ふゆ)としらする気色(けしき)哉(かな)

[※赤字が前回のくずし字クイズの答えです。]

【現代語表記】

卯の花(うのはな)や先ず[まず]咲きぬらん。
池(いけ)の蓮[はちす]は露[つゆ]かけて、汀[みぎわ]涼しき漣[さざなみ]に、水鳥数多[あまた]遊びけり。
木(き)々の梢も茂りつつ、空に鳴きぬる蝉の声。
夕立過ぐる雲間より、声立て通る時鳥[ほととぎす]、鳴きて夏(なつ)やと知らせけり。
西は秋と打ち見えて、四方(よも)の梢も紅葉して、籬[ませ]の内なる白菊や。
霧立ち込むる野辺の末、真萩が露を分け分けて、声ものすごき鹿の音に、秋とのみこそ知られけれ。
さて北を眺むれば、冬の景色と打ち見えて、四方の木(こ)ずえ[梢]も冬(ふゆ)枯れて、枯葉に置ける初霜や。
山々や、ただ白妙の雪(ゆき)に埋[むも]るる谷の戸に、心細くも炭(すみ)窯の煙(けぶり)に著[しる]き賤[しず]が業[わざ]
冬(ふゆ)と知らする気色(けしき)かな。

【ざっくり現代語訳】

ウツギの花がまず咲いています。

は露をたくわえ、水際の涼しげな小波で、多くの水鳥が遊んでいます。

木々の梢[こずえ][木の幹や枝の先の方]も青々と茂り、の鳴き声が響きます。

夕立が降った後のの間から、ホトトギスが鳴いて通る声が聞こえて、ああなんだなあと実感します。

西の景色のようで、どの紅葉して、籬垣[ませがき][垣根の一種][「おマセな子ども」の事ではない]の内側には白菊が咲いています。

が立ち込める野原の、露がついた真萩をかき分けるように、鹿のものすごい声が聞こえてきて、であることを実感します。

さて、を見れば、の景色のようで、どの冬枯れして、枯れ葉初霜が降りています。

山々では白い雪谷の入り口を埋めて心細くなりますが、誰もいないのではなく、炭窯が昇っているのが見えて、山の民が働いているのが分かります。

これぞの訪れを知らせる情景と言えるでしょう。

【解説】

このページはストーリー展開がなく、四方の四季の情景が述べられるだけなので、正直、読んでて眠くなります(笑)

おそらく、当時の子どもはこの描写で四季の風物詩を知ったのでしょうね。
読んで聞かせる大人は、みなさんが感じたように、「源氏物語っぽくね?」って思ったことでしょう。

次回予告とくずし字クイズ

浦島太郎女房に何やらお願いをしているようですが?
いよいよ、あのラストに向かって話が進み始めるようです!
f:id:KihiminHamame:20180526194204j:plain

主人公名前はわかりますよね。
f:id:KihiminHamame:20180526194226j:plain

ヒントっ!
f:id:KihiminHamame:20180526194243j:plain

このチョコンは前も出てきましたが、覚えていますか?
f:id:KihiminHamame:20180526194300j:plain

 

三つ目コーナー

ねえ、ねえ、僕はどの季節の景色にいるのが似合うかな?

そりゃあ、だろう。

そうだね、やっぱりお化けは付き物だからね!

にだけは言われたくないよ。

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪ NEW!

 

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)