うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

「そして青頭巾が残った」の巻 ~「青頭巾」(『雨月物語』より)その14~

「青頭巾」[『雨月物語』より]の続きだよ!

今回で最終回だよ!

f:id:KihiminHamame:20180906193116j:plain

f:id:KihiminHamame:20180906193119j:plainf:id:KihiminHamame:20180906193123j:plain
※この記事では、霞亭文庫の画像を適宜改変して利用しています
霞亭文庫書誌詳細
※画像はクリックすると拡大します。

翻刻

きえうせて。かの青頭巾と骨(ほね)のミぞ草葉にとゞまりける。
現(げ)にも久しき念のこゝに消(せう)じつきたるにやあらん。たふときこと
わりあるにこそ。されば禅師の大徳雲の裏(うら)海の外にも聞
えて。初祖(しよそ)の肉(にく)いまだ乾(かハ)かずとぞ称歎(せうたん)しけるとなり。かく
て里人あつまりて。寺内を清め。修理(しゆり)をもよほし。禅師を推(おし)
たふとみてこゝに住しめけるより。故(もと)の密宗をあらためて。
曹洞(さうとう)の霊場(れいぢやう)をひらき給ふ。今なほ御(ミ)寺はたふとく栄(さか)え
てありけるとなり

赤字が前回のくずし字クイズの答えです。

[くずし字クイズの補足説明]
f:id:KihiminHamame:20180906193317j:plain

【現代語表記】

消え失せて、かの青頭巾と骨(ほね)のみぞ草葉に留まりける。
現(げ)にも久しき念の、ここに消(しょう)じ尽きたるにやあらん。
尊(とうと)き理(ことわり)あるにこそ。
されば、禅師の大徳、雲の裏(うら)、海の外にも聞こえて、
「初祖(しょそ)の肉(にく)、いまだ乾(かわ)かず。」
とぞ、称歎(しょうたん)しけるとなり。
かくて、里人集まりて、寺内を清め、修理(しゅり)を催(もよお)し、禅師を推(お)し尊(とうと)みて、ここに住ましめけるより、故(もと)の密宗を改めて、曹洞(そうとう)の霊場(れいじょう)を開き給う。今なお、御(み)寺は尊(とうと)く栄(さか)えてありけるとなり。

【さっくり現代語訳】

快庵禅師住職かいしんのいちげき を与えると、たちまち、朝日を浴びたかのように、)住職の姿消え失せて、その後には例の青頭巾だけが草葉の上に残されたのでした。

住職を長い間苦しめた邪念が、ようやくここで消滅したのでしょう。

これも全て仏の尊い教えが、住職成仏へと導いたのです。

この難事件解決した快庵禅師素晴らしい徳は、雲の裏海の外までも響き渡り、

禅宗始祖達磨大師がまだ生きていらっしゃるかのようだ!」

と、人々称賛したということです。

そして、心配がなくなった山寺里人が集まり、清掃修繕して、快庵禅師を崇(あが)め奉(たてまつ)り、山寺新住職としたのでした。

その際、元々は真言宗寺院だったのを、快庵禅師の信仰する曹洞宗に改めたのでした。

今でもまだこの山寺は、引き続き尊く栄えているということです。

【解説】

次回リンクをまとめて、何故、青頭巾なのかを考察して終わりたいと思います。

そういえば、これまで「紺」の字だったのに、最後は「青」の字を使ってますね???

一応、ハッピーエンドのようですね♪


というか、実は真言宗ディスって曹洞宗アゲるお話ですか???

このお寺大中寺と言って、実際に栃木県にあるお寺です。

快庵禅師住職をボコったバールのようなものも、根無しの藤として残っていますのよ!

さて、前回保留していた、句の意味ですが、

照らすのも、吹くのも、長いのも、夕暮れ清々しいのも、何かのためというわけではなく、ただ自然そうなっているだけである。

つまり、ありの~ままで~アリのママ、ハチのパパなすが~ままで~ナスがママ、キュウリのパパ自然成り行き身を任すのが良い!」

と言うことでしょう。

稚児愛でるという自然に反する行為をした住職は、ただ自然のまま戻ればよかっただけなのです。clubt.jp

曹洞宗教え只管打坐(しかんたざ)というものがあります。

余計なこと考えずに、ただひたすら座禅することによって得るものがある」という教えです。

石の上にも三年と言いますが、住職石の上に一年、ひたすら句を唱え続けることだけをして座っていました。

快庵禅師住職課したのは、この只管打坐教えに近いものでしょう。

とっくに成仏をしていても良いはずなのですが、住職は、生きているかも死んでいるのかもわからない、影のような姿になりながらも、その場にとどまっていました。

おそらく、わずかにまだ邪念残っていたのでしょう。

それは何か

住職は、快庵禅師が来るのを待っていたのではないでしょうか?

快庵禅師は、誰もが恐れる住職真摯に向き合ってくれた唯一の人物です。

その快庵禅師に最後に会わなければ、死んでも死に切れなかったのでしょう。

その思い晴らされて、バールのようなもの一撃と共に、住職成仏できたというわけです。

住職は、快庵禅師愛でて欲しかったのかもしれませんね。

快庵禅師温もりに感じながらずっと待ち続けたのですから。。。


~「青頭巾」おしまい~


三つ目コーナー

青頭巾の歌、見つけたよ♪

それは青頭巾じゃなくて黒頭巾

しかも、昔の放送禁止歌

せっかくいい感じ完結したのに、もう台無し

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪

いただいたハンドルピッチャーのレビューはこちら♪  NEW!

  

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)