うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

「耳なし芳一」のルーツ?「耳きれうんいち」その衝撃の内容とは? その1 ~『曽呂里物語』巻四の九「耳切れうんいちが事」より~

 

f:id:KihiminHamame:20201123223857j:plain

アクセス数壊滅的になってきたので、アクセスを稼げそうなタイトルにしてみましたが、果たして効果は?ヾ(๑╹◡╹)ノ"

というわけで、今回も『曽呂里物語』収録のお話を紹介します。

みなさまは耳なし芳一をご存知でしょうか?
小泉八雲怪談で有名なお話ですね。
ストーリーなどは、もじのすけさん(id:mojinosuke)のブログを、ぜひご覧ください。mojinosuke.hatenablog.com

今回紹介する「耳切れうんいちが事」は、文章として残っている耳なし芳一」系のお話としては最古のものです。

ちなみに、耳なし芳一」系のお話は、ほかには延宝五(一六七七)年刊『宿直草《とのいぐさ》』巻二の一一「小宰相《こざいしょう》の局《つぼね》幽霊の事」があり、

小泉八雲耳なし芳一直接の元になったのは、一夕散人《いっせきさんじん》作・天明二[一七八二]年刊『臥遊奇談《がゆうきだん》』巻二の一「琵琶秘曲悲幽霊《びわのひきょくゆうれいをなかしむ》」だと言われています。

前回同様、『曽呂里物語』は、ここに載せれる画像が無かったので、オリジナルをご覧になりたい方は、下のリンク先でご確認くださいね。
www.wul.waseda.ac.jp

翻刻

九 耳《ミゝ》きれうんいちか叓
信濃《しなの》の国 善光寺《ぜんくハうし》のうちにびくにてら有けり。又ゑちご
の国にうんいちといふざとう侍り。つねに彼びくにてらに
出入しけり。あるときいたハる事有て半年ほとをとつれ
さりけり。すこし心よくしてかの寺に行けり。あるじの老尼《らうに》
うんいちハはるかにこそおほゆれ。何としてうちたへけるそ

といひけれハ。久しく所労《しよらう》の事さふらひて御見まひも申さす
候といふ。とかくして其日もくれけれハ。うんいちハきやくでん
やとられよといひて老尼《らうに》ハ方丈《はうちやう》にいりぬ。爰にけいじゆん
とて弟子びくに有。丗日ほとさきに身まかりぬ。かのけいじ
ゆんうんいちかふしたる所へ行て。其後ハ久しくこそおほゆ
れ。いざ我々がれうへともなひ侍らんといふ。うんいちハ死
たる人ともしらず。それへ参るへく候へ共御一人おハします
所へ参り候ことハいかゝにて候まゝ。えこそ参るまじといふ。
いや/\くるしうもさふらハすとてせひに引立ゆく。

【現代語表記】

九「耳《みみ》切れうんいちが事」
信濃《しなの》の国 善光寺《ぜんこうじ》の内に比丘尼寺《びくにでら》有りけり。
又、越後《えちご》の国にうんいちと言う座頭《ざとう》侍り。
常に彼《か》の比丘尼寺に出入りしけり。
或る時、労《いた》わる事有りて、半年程訪れざりけり。
少し心良くして彼の寺に行きけり。
主《あるじ》の老尼《ろうに》、
「うんいちは遥かにこそ覚えゆれ。
何として打ち絶えけるぞ。
と言いければ、
「久しく所労《しょろう》の事候《そうら》いて、御見舞いも申さず候。」
と言う。
兎角《とかく》して其の日も暮れければ、
「うんいちは客殿宿られよ」
と言いて老尼《らうに》は方丈《ほうじょう》に入りぬ。
爰《ここ》にけいじゅんとて弟子比丘尼有り。
三十日《みそか》程 前《さき》に身罷《まか》りぬ。
彼のけいじゅん、うんいちが伏したる所へ行きて。
「其の後は久しくこそ覚ゆれ。
いざ我々が寮《りょう》へ伴い侍らん。」

と言う。
うんいちは死したる人とも知らず、
「其れへ参るべく候え共、御一人 御座《おわ》します所へ参り候事は、如何《いかが》にて候まま、えこそ参るまじ。」
と言う。
「いやいや、苦しゅうも候わず。」
とて、是非に引き立て行く。

【現代語訳】

巻四の九「耳《みみ》切れうんいちの話」

信濃《しなの》の国[長野県]善光寺《ぜんこうじ》の中に尼寺がありました。
また、越後《えちご》の国新潟県には、うんいちという座頭[盲人の一番下の階級]がいました。

うんいちは、いつもこの善光寺の中の尼寺に出入りしていました[おそらく琵琶法師として]

ある時、うんいち病気になって、半年ほど尼寺を訪れることができませんでした。

病気が少し回復し、うんいち半年ぶりに尼寺に行くことができました。

住職老尼《ろうに》が、

うんいち、久しぶりではありませんか。

どうして、ずっと来なかったのですか?」

と聞くと、うんいちは、

「長らくを患《わずら》いまして、ご挨拶《あいさつ》にも伺《うかが》うことができませんでした。」

と答えました。

なんだかんだでその日も暮れたので、

うんいちは、客殿にお泊りなされ。」

と言って老尼方丈《ほうじょう》[住職の居室]に入りました。

この尼寺にはけいじゅんという弟子の尼がいましたが、三十日ほど前に亡くなりました。

そのけいじゅんが、うんいちが寝ている所にやって来て。

「あれからずいぶん久しぶりではありませんか。

さあ、私の寮《りょう》[宿舎]に一緒に行きましょう。」

と誘いました。

うんいちは、けいじゅん死人とは知らず、

「お誘いいただいた手前、あなたの寮に参るべきなのでしょうが、あなたお一人でいらっしゃる所に参上することは、---を疑われて問題になるので[尼寺で色-恋は禁止]、参ることはできません。」

と断りました。

しかし、けいじゅんは、

「いやいや、そんな堅い事は言わず、苦しゅうない、苦しゅうない。」

と言って強引うんいち自分の寮に引っ張って行きました。

【解説】

このお話主人公うんいちという座頭です。
はっきりとは書かれていませんが、うんいちは用も無いのに尼寺に出入りしていたわけではなく、琵琶法師として尼寺に出入りしていたと思われます。
座頭は主に琵琶法師をしていました。

そして、うんいちのもとに現れるのは、平家の亡霊ではなく、うんいち尼寺に行けなかった期間に亡くなったけいじゅんという弟子の尼です。
けいじゅんうんいち難色を示すのを構わず、自分の部屋に連れて行って二人っきりになろうとします。

はてさて、うんいちの運命はいかに?

【参考文献】

◆『怪異小説集』

dl.ndl.go.jp

◆『江戸怪談集〈中〉』

江戸怪談集〈中〉 (岩波文庫)

江戸怪談集〈中〉 (岩波文庫)

  • 発売日: 1989/04/17
  • メディア: 文庫
 

三つ目コーナー

琵琶法師(びわほうし) じゃなくて、枇杷欲し(びわほっし) だよヾ(๑╹◡╹)ノ"

要はただの食いしん坊だねヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

◆インフォメーション

「を知る通信」さんに、「あなたの家の中にいるかもしれない衝撃の妖怪五選」という記事を寄稿しましたので、ぜひご覧ください!ヾ(๑╹◡╹)ノ"
はてなブックマークでのコメントもぜひ!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

news.woshiru.com

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション 

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪
全訳 男色大鑑〈武士編〉

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 
男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w