うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

【再読】化け物寺 その1 ~『曽呂里物語』巻四の四「万の物年を経ては必ず化くる事」~

 

 

今回は、以前取り上げた『曽呂里物語』巻四の四「万の物年を経ては必ず化くる事」をちゃんと読み直していきます。

前回同様、『曽呂里物語』は、ここに載せれる画像が無かったので、オリジナルをご覧になりたい方は、下のリンク先でご確認くださいね。
www.wul.waseda.ac.jp

翻刻

四 萬の物年をへてハかならずばくる事
伊豫《いよ》の国いづしといふ所に山寺あり。郷里をへたつること
三里なり。かの寺さう/\のはじめ。にゐといふなにかし本
ぐハんとして年月をゝくりけるが。いつの比よりか此寺に

ばけもの有て。住寺《ぢうじ》の僧をとりて行かたしらす。其後た
ひ/\住寺有けれ共いづれもいくほとなくとりをハりぬ。
今ハぬしなき寺になりしかハ。いかにもやふれてきりふ
たんの香をたき。とぼそおちてハ月じやうぢうのともし火
をかゝくるともいひつへし。かゝる所に関東よりあしかゞの
僧とてのぼり。にゐがもとに来り。かの寺の住寺をのぞミける
にゐかいひけるハ。此寺ハしか/\のしさい有て中々一時もかん
にんなるまじ。寺ハさいハひ無住《むぢう》の事なれハやすきほとの
事なれともといふ。されハこそのそミて参り候間ぜひ共
かの寺に行なんといふ。にゐさらにうけす成けれハ。をしてかの
ちに行てミれハまことに年久しく人のすまさりけれハ。
あれはてたるていけにもへんげのものも住らんとておほゆ。
かくて夜に入しハしあれハ門より物申さんといふ。扨ハにゐが
もとよりつかひをこしけるかと思ひたれハ。内よりいつく共


なくとれとこたふ。ゑんよう坊ハ御うちに御さ候か。こんかの
こねん。けんやのはとう。そんけいが三ぞく。ごんさんのきうぼ
くにて候御見まひ申すとて参りたり。ゑんよう坊出あひ
やう/\にもてなして後に御存のことく久しくなまさかな
たえてなかりつる所に。ふしぎなるもの一人いてきたり侍る。
御もてなしにをひてハふそくあらしといふ。客人もまこと
にめつらしき事有まひり候事。何よりもつての御もてな
しにてこそ候へ。夜とゝもに酒もりをいたし候ハんとけうに
入ぬ。

【現代語表記】

「四 万《よろず》の物、年を経《へ》ては、必ず化くる事」

伊予《いよ》の国 出石《いずし》と言う所に山寺有り。
郷里《きょうり》を隔《へだ》つる事、三里なり。
彼《か》の山寺、草創《そうそう》の始め、新居《にい》と言う何某《なにがし》、本願として年月を送りけるが、何時《いつ》の頃よりか、此の寺に化け物有りて、住寺《ぢうじ》の僧を捕りて行《ゆ》き方《がた》知らず。
其の後、度々住寺有りけれども、幾程《いくほど》も無く捕り終わりぬ。
今は主無き寺になりしかば、「如何《いか》にも破れて、霧、不断《ふだん》の香を焚《た》き、枢《とぼそ》落ちては月常住の灯《ともしび》を掲《かか》ぐる」[『平家物語』巻12「大原御幸」より]とも言いつべし。
斯《か》かる所に関東より足利《あしかが》の僧とて上《のぼ》り、新居が許《もと》に来たり、彼の寺の住寺を望みけるに、新居が言いけるは、
「此の寺は然々《しかじか》の子細《しさい》有りて、中々 一時《いっとき》も堪忍《かんにん》なるまじ。
寺は幸《さいわ》い無住《むじゅう》の事なれば、易《やす》き程の事なれども。」
と言う。
「さればこそ望みて参り候間《そうろうあいだ》、是非共《ぜひとも》彼の寺に行きなん。」
と言う。

新居、更に受けず成りければ、押して彼の地に行きて見れば、真《まこと》に年久しく人の住まざりければ、荒れ果てたる体《てい》、「実《げ》にも変化の物も住むらん」とて覚《おぼ》ゆ。
斯くて夜に入り、暫《しば》しあれば、門より「物申さん」と言う。
「扨《さて》は新居が許より使い遣《おこ》しけか」と思いたれば、内より何処《いずく》とも無く、「どれ」と答う。
「えんよう坊は御内《おうち》に御座候《ござろうそう》か。
こんかのかねん、けんやのばとう、そんけいが三ぞく、ごんざんのきゅうぼく にて候。
御見舞申す。」
とて参りたり。
えんよう坊出で会い、様々《ようよう》に持て成して後に、
「御存じの如《ごと》く、久しく生魚絶えて無かりつる所に、不思議なる者一人出で来たり侍《はべ》る。
御持て成しにおいて不足有らじ。」
と言う。
「客人も真に珍しき事有り。
参り候事、何より以《もっ》ての御持て成しにて候《そうら》え。
夜と共に酒盛りを致し候《そうら》わん。」
と興《きょう》に入りぬ。

【現代語訳】

巻四の四「どんな物でも、長い年月が経《た》つと、必ず化け物になるという話」

 伊予国《いよのくに》の出石《いずし》愛媛県大洲市という所に、山寺がありました。

 村里からは約12キロ離れていました。

 その山寺新居《にい》氏という豪族菩提寺《ぼだいじ》として創建され、長い年月が経《た》ったのですが、いつのころだか、この寺化け物が現れ、住職の僧を捕まえて、住職の僧行方不明になってしまいました。

 それから何度も住職の僧派遣されましたが、すぐに化け物に捕らえられて、いなくなってしまいました。

 今はもうも住んでいないになってしまい、

「見事に寺の建物は壊れており、絶やさずに焚《た》いている仏前お香の煙のようにが立ち込め、が壊れているので、月の光の中にずっと入ったままで、まるで常夜灯《じょうやとう》のようになっています」(『平家物語』の一節より)

 と言った感じです。

 こんな所に、足利《あしかが》学校[栃木県足利市で学んだという関東からやってきて、新居氏のもとを訪れました。

そして、この山寺住職になることを希望しました。

 新居氏が、

この寺は、カクカクシカジカ理由があって、少しの間も我慢できるはずもなく、とてもとても、住むことなどできないだろう。

 あなたにとっては都合のいいことに、この寺には今はも住んでいないから、住職にするのは簡単なのだが。。。」

 と答えると、関東の僧は、

「それを承知の上で、望んでやって来たのです。

 ぜひとも、その寺に行かせてください!」

 と願いました。

 新居氏はやはり、危険な目に遭《あ》う可能性高いので、承諾できずに渋ったのですが、関東の僧強引山寺に行ってしまいました。

 山寺を見てみると、確かにが長い間住んでいなかったので、荒れ果てていました。

 この有様を見て関東の僧は、「確かに化け物も住んでいそうだ」と思いました。

 そうして関東の僧山寺の中に入り、になってしばらくすると、の方から「ごめんくさい」と言うが聞こえました。

「さては、新居氏の所からお使いがいらっしゃったのかな?」と関東の僧が思った時、寺の中のどこからともなく、「は~い、どなた~?」という返事が聞こえました。

 すると何者かは、

えんよう坊はいらっしゃいますか?

 こんかのかねんけんやのばとうそんけいが三ぞくごんざんのきゅうぼく でございます。

 ごあいさつにやって参りました。」

 と答えて入ってきました。

 えんよう坊は出迎え、色々とお・も・て・な・しをしました。

 それから、

「御存じのように、長い間生魚(というか生きた人間が手に入らなくなっていましたが、今日はおかしな者関東の僧のこと一人やって来ております。

 あなた方へのお・も・て・な・しに持って来いではありませんか。」

 と言いました。

 そして、えんよう坊関東の僧に向かい、

客人関東の僧のこと]よ、今からたいへん素晴らしい事が始まります。

 あなたがやって来たことが、何よりのお・も・て・な・しになるのです。

 さあ、とともに酒盛りをいたしましょう♪」


 と言って、ご機嫌様子です。

えんよう坊は、化け物仲間お・も・て・な・しするために、関東の僧酒の肴《さかな》として食おうとしている。

【挿絵】(模写)f:id:KihiminHamame:20201103215849j:plain
※挿絵には、
「いよの国いづしといふ所ニての事」
(伊予の国出石と言う所にての事)
と書かれています。

【解説】

このお話はちょっと長いので今回前半部分です。

はたして、関東の僧はこのまま化け物に食べられてしまうのでしょうか?

みなさんは、化け物の正体が分かりましたか?

超難解なので、は分かりませんでした(笑)ヾ(๑╹◡╹)ノ"

当時の読者は分かったのかしらん?

一応、挿絵ヒントになっていますのでヾ(๑╹◡╹)ノ"

※こちらの本の付録のCD-ROMに、『曽呂里物語』を含む、江戸時代の怪異小説の挿絵解説が収録されています。
北見花芽の中の人も書いていますヾ(๑╹◡╹)ノ" 

三つ目コーナー

ねえ、ねえ、僕の正体、知ってる?

ハゲタカ? 電球? ヤカン?ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

 

◆インフォメーション

「を知る通信」さんに、「あなたの家の中にいるかもしれない衝撃の妖怪五選」という記事を寄稿しましたので、ぜひご覧ください!ヾ(๑╹◡╹)ノ"
はてなブックマークでのコメントもぜひ!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

news.woshiru.com

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション 

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪
全訳 男色大鑑〈武士編〉

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 
男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w