うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

あ○○○小僧 『変化物春遊』より

桜川慈悲成作・歌川豊国画『変化物春遊(ばけものはるあそび)』(寛政五[1793]年刊)より

f:id:KihiminHamame:20171226164254j:plain

国会図書館の画像を利用しています。
国立国会図書館デジタルコレクション - 変化物春遊 : 2巻
7ページ目です。

f:id:KihiminHamame:20171226164505j:plain

f:id:KihiminHamame:20171226164514j:plain

翻刻
ともだちよりあいて◆ばけものはなしして◆
いたかよあめも◆しよぼ/\ふり◆
けるによも◆ふけていと◆
さみしき◆こふじを◆
とおりて◆かへるおとこ◆
ありかのおとこ◆いたつてをく◆
びやうもの◆なればみち◆
すがらいろ/\◆はなしのこと◆
ともおもひ◆いだしてすこ/\◆
ひとりあゆみ◆ゆくむこふより◆
かさの大きなるをきて◆りやうてになにかもちて◆
ちよこ/\あゆみくる◆かのおとここれなん◆
さいせんはなしの◆あめふりこぞふ◆
ならんあとへ◆にけもどらんと◆
あしばやにもと◆きたるみちへかけ◆
いだしければはや◆いつのまにかまいへ◆
まわりてよく◆おれがうわさ◆
したなと◆おそろしき◆
かほして◆申ける

【現代語表記】
友達寄り合いて、化け物話していたが、夜雨もしょぼしょぼ降りけるに、夜も更けていと寂しき小路を通りて帰る男あり。
かの男いたって臆病者なれば、道すがら色々話のことども思い出してすごすご一人歩み行く向こうより、笠の大きなるを着て、両手に何か持ちてちょこちょこ歩み来る。
かの男、
「これなん最前話の雨降り小僧ならん。後へ逃げもどらん。」
と、足早に元来たる道へ駆け出しければ、はや何時の間にか前へ回りて、
「よく俺が噂したな」
と、恐ろしき顔して申しける。

【ざっくり現代語訳】
友達同士が集まって、化け物の話をしました。
夜もふけて雨がショボショボと降る中、その中の一人の男が小道を通って帰途についていました。
この男はとても臆病者で、道すがら先ほどの化け物の話を色々と思い出しながら、一人で恐々と歩いていると、向こうから大きな笠をかぶって、両手に何かを持ち、ちょこちょこと歩いてくる者がありました。
この男は、
「これはさっき話していた雨降り小僧に違いない! 引き返そう!」
と、急いで来た道を走って戻ろうとしたのですが、いつのまにやら、その者の前に回りこんでいて、
「よくも俺の噂話をしてくれたな!」
と、恐ろしい顔をして言うのでした。ぎゃー!

【解説】
要するに、百物語のようなものをしていたのでしょうね。
で、話し終わったら、時間差で帰り道に化け物が現れたという。
ひょっとしたら、このの臆病な心がこの妖怪を出現させたのかもしれません。

絵では手ぶらですが、本文には「両手に何か持ちて」とあります。
両手に持つものといえば、丸盆に乗せた豆腐???
一応、本文では「雨降り小僧」となっていますが、この姿は一つ目小僧でも豆腐小僧でも通用します。
やっぱり、そのあたりの区別は曖昧みたいですね。

後ろにが流れているのは、雨降り小僧足の形からして、正体河童とかが化けた物というのを暗示しているのでしょうか???(河童のことを川太郎とも言います)

というわけで、前回のクイズの答えは「雨降り小僧(あめふりこぞふ)」でした!
本年中になんとかあと一回は更新したいと思います!!!

f:id:KihiminHamame:20171226164418j:plain

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪
f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
◆オススメ書籍
江戸の怪異文学の挿絵解説CD-ROMが収録されています♪
西鶴と浮世草子研究〈第2号〉特集・怪異―闇の叫びを追究する

西鶴と浮世草子研究〈第2号〉特集・怪異―闇の叫びを追究する

 
◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪
f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain
◆下の広告をクリックしていただけたら、ありがたいです♪
はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪
にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

江戸時代ランキング
◆よろしければ はてブ もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)

 

広告