うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

暗い夜 『変化物春遊』より

桜川慈悲成作・歌川豊国画『変化物春遊(ばけものはるあそび)』(寛政五[1793]年刊)を、ちょこちょこ読んでいます♪

f:id:KihiminHamame:20171229214708j:plain

国会図書館の画像を利用しています
国立国会図書館デジタルコレクション - 変化物春遊 : 2巻
12ページ目です。

f:id:KihiminHamame:20171229214755j:plain

f:id:KihiminHamame:20171229214807j:plain

翻刻
わしづか八へい次と◆いへるろうにんありし◆
がそのこまいよおび◆ゆること三四たび◆
にしてよるねづ◆八へい次あまり◆
にじればけものに◆やるなんとておどし◆
いかにもくらきよ◆おもてのとをあけ◆
しやうべんやりて◆いたりけるにその◆
ことゝさまおまへ◆のざとふころし◆
たまいしよは◆こよいのやうに◆
くらかりし◆といへばはつ◆
へいじきもを◆つぶしそのこと◆
なにとてしり◆たるやときけば◆
くらやみに◆さもやせ◆
たるめくら◆たちてわが◆
おしへしと◆なん申ける

【現代語表記】
わしづか八へい次[はつへいじ][鷲塚八平次?]と言える浪人ありしが、
その子、毎夜怯ゆること三・四度にして、夜寝ず。
八へい次、
「あまり躙[にじ]れば、獣[化物?]にやるなん」[?]
とて脅し、いかにも暗き夜、表の戸を開け、小便やりていたりけるに、
その子、
「父様[ととさま]、お前の座頭[盲人の最も低い位。または単に盲人のことを言う]殺し給いし夜は今宵のように暗かりし」
と言えば、八へい次肝を潰し、
「そのこと何とて知りたるや」
と聞けば、
「暗闇にさも痩せたる盲[めくら]立ちて、我が教えし」
となん申しける。

【ざっくり現代語訳】
わしづか八へい次という浪人がいました。
八へい次子供は、近頃、毎晩、何度も怯えて寝ることができませんでした。
あるとても暗い夜に、八へい次は、
「そんなに怯えてばっかりいたら、お前を獣にでもあげちまうぞ!」
と冗談めかして脅かしながら、玄関の戸を開けて、子供にオシッコをさせていました。
すると、子供は、
父様盲人を殺しなさったのは、今日のように暗い夜だったのですね。」
と言うのです。
八へい次はビックリして、
「そのことをどうして知っているのだ!」
と聞くと、子供は、
暗闇にとても痩せた盲人が立っていて、私にそのことを教えてくれたのです。」
と言ったのでした。

【解説】
現代の怪談でも似たような話ありますよね!
ただ、子供盲人の生まれ変わりとかではないので、その分、怖さは和らいでいる気がします。
ここに登場するのは、妖怪というより幽霊ですが、この時代は幽霊化け物の一種と考えられていたようで、鳥山石燕画図百鬼夜行にも幽霊は描かれています。
ちなみに、「座頭殺し」はこの時代によく見られる題材です。
「座頭」は高利貸しを営んでいるものが多く、お金を持っていたので殺されてしまったんでしょうね。

芝居『恋女房染分手綱[こいにょうぼうそめわけたづな]鷲塚八平次[わしづかやへいじ]という悪役が登場するのですが、関係はあるのでしょうか?
ちなみに『恋女房染分手綱』鷲塚八平次写楽の絵にもあります♪

東洲斎写楽画「谷村虎蔵の鷲塚八平次」

f:id:KihiminHamame:20171229214910j:plain

国会図書館の画像を利用しています。
国立国会図書館デジタルコレクション - 写楽
32ページ目です。

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪
f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
◆オススメ書籍
江戸の怪異文学の挿絵解説CD-ROMが収録されています♪
西鶴と浮世草子研究〈第2号〉特集・怪異―闇の叫びを追究する

西鶴と浮世草子研究〈第2号〉特集・怪異―闇の叫びを追究する

 
◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪
f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain
◆下の広告をクリックしていただけたら、ありがたいです♪
はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪
にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村

江戸時代ランキング
◆よろしければ はてブ もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)