うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

来年の正月用の作品を書いてくだされ ~『亀山人家妖』その1~

さてさて、今回から詠み始める作品は、喜三二[平沢常富]作、北尾重政 画『亀山人家妖(きさんじんいえのばけもの)』(天明7 [1787]年刊)でございます!

「おバカ男子の話」トビー(id:kapibara5168) さん、
「本所七不思議」 toikimi(id:toikimi) さん、
「怪奇もの」ColdSnap(id:ColdSnap) さん、
のお三方のリクエスに一気に答えるべくセレクトしました!

f:id:KihiminHamame:20181107011200j:plainf:id:KihiminHamame:20181107011205j:plain
※この記事では国会図書館デジタルコレクションの画像を適時改変して使用しています。
絵本国土産 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※画像はクリックすると拡大します。

翻刻

自序(じじょ)
咄(はなし)を画(ゑ)にかくといふことハあれど序文(じよぶん)を画(ゑ)に書た◆ためしハ

こゝにゑざうしといや◆つたや重三良◆
ゑざうしの作者◆喜三二かもとへ◆年礼に来る
ひつじの春◆の新はん◆青本を◆たのむ
来年のをもう◆たのむのかづいぶん◆
はるの内書やせう◆書うとおもへば◆ぢきにできる
などゞ大うぬ◆をならべる

とうはるの大福帳ハ◆とんだ評判◆
がようござり◆ましてありが◆たうごさり◆ますなどゝ
◆ちよ/\◆らを◆いふ

【現代語表記】

自序(じじょ)
咄(はなし)を画(え)に描くと言う事はあれど、序文(じょぶん)を画(え)に書[描]いた例(ためし)は。

此処(ここ)に絵草紙問屋(といや)蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)、絵草紙の作者喜三二(きさんじ)が元へ年礼に来る。
「未(ひつじ)の春の新版青本[絵草紙の一種]を頼む。」
「来年のをもう頼むのか。
随分、春の内に書きやしょう。
書こうと思えば直(じき)に出来る。」
等(など)と大己(おおうぬ)[?]を並べる。

「当春(とうはる)の『大福帳』は、とんだ評判がよう御座りまして、有難う御座ります。」
等(など)とちょちょらを言う。

【さっくり現代語訳】

自序
話を絵で描くということはありますが、序文を絵で描いたことはありましたでしょうか。

絵本問屋蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)絵本作家喜三二(きさんじ)の所に年始の挨拶(あいさつ)に行きました。

蔦屋が、
未(ひつじ)年正月用新刊絵本を書いてくださいませ。」
と頼むと、

喜三二は、
来年のをもう頼むのですか。
さっさと正月の内に書いてしまいましょう。
書こうと思えばすぐに書けます。」
などと自惚(うぬぼ)れたことを言いました。

蔦屋は、
今年の正月に出した『天道大福帳 ( てんとうだいふくちょう)』はたいそう評判がようございまして、ありがとうございます。」
などと口先だけのお世辞を言いました。

【解説】

いきなり「序文を絵で描く」という、ふざけてるんだか何だかよくわかんない宣言から始まりました。

蔦屋重三郎はこの作品の出版者です。

写楽の絵を出版したりした有名な出版者ですね。

そして、喜三二はこの作品の作者

蔦屋喜三二に、翌年の正月の作品を依頼するという、内輪ネタのような場面から始まります。

文中に登場する『天道大福帳 ( てんとうだいふくちょう )』は実際にこの作品が出版される前の年、天明六[1786]年の正月に刊行されています。

ちゃっかり旧作の宣伝をしちゃってるわけです。

次回予告とくずし字クイズ

あら?すぐに書けると言ってませんでしたっけ?

f:id:KihiminHamame:20181107011605j:plainf:id:KihiminHamame:20181107011609j:plain

三つ目コーナー

今回こそ三つ目が登場するのかな、ドキドキワクワク♪

ううん、登場しないよ(満面の笑み)

     

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain

いただいたイヤホンのレビューはこちら♪ NEW!

いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪

いただいたハンドルピッチャーのレビューはこちら♪

  

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆下の広告(by 忍者AdMax)をクリックしていただけたら、ありがたいです♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w