うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

ヘビをも倒す!三本足のカエル最強伝説!? その2 【再読】 ~『金玉ねじぶくさ』巻七の二より~

 

f:id:KihiminHamame:20201213154819j:plain

『金玉ねじぶくさ』巻七の二「蛙も蛇を取る事」続きですヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20201213154917j:plainf:id:KihiminHamame:20201213154921j:plainf:id:KihiminHamame:20201213154927j:plain

f:id:KihiminHamame:20201213155105j:plainf:id:KihiminHamame:20201213155110j:plainf:id:KihiminHamame:20201213155115j:plain
霞亭文庫書誌詳細
※この記事では霞亭文庫の画像を適宜改変して使用しています。

翻刻

然るにいつぞの
ころより虵《へび》おゝく死して池《いけ》の邊《ほとり》にからあ
またワだかまれり何にとらるゝ躰《てい》も見へ
ねばふしきの事に思ひしにある夕ぐれ
いづくともなく三足なる蛙《かわづ》一 疋《ひき》とび来
て水の汀《みぎわ》なる薄《すゝき》の影《かげ》にてしきりに鳴《なく》
其 聲《こへ》をきいて築《つき》山の岩《いわ》のはざまより
大きなるへび一 疋《ひき》はい出て此蛙をとら
んとす蛙《かへる》は鳴《なく》に正根《しやうね》を入れて後《うしろ》へ
虵《へび》の臨《のぞむ》事をしらず上《うへ》なるちんより是《これ》


を見て気の毒《どく》さにへびをおいのけ

蛙《かわづ》を助んと下《した》へおりける其間に虵《へび》とび
かゝつて蛙に喰《くい》付ぬさてはもはやとられ
ぬとおもひ其まゝにして上《うへ》より詠《ながめ》居《い》
けれバしばらく有て彼《かの》へびは死し蛙《かへる》
ハ還《かへつ》てつゝがなく外《ほか》の所へ飛《とび》ゆきて又
先のごとくに鳴《なく》しかる所に此 聲《こへ》をき
いていづくともなく又 少《ちいさ》きへびは
ひ出てそろり/\とねらいよりあいち
かく成て彼《かの》かへるにとびかゝり既《すで》に

喰《くら》ひ付所を

【現代語表記】

然《しか》るに、何時《いつ》ぞの頃より、蛇《へび》多く死して、池《いけ》の辺《ほとり》に骸《から》数多《あまた》蟠《わだかま)れり。
何に取らるる体《てい》にも見えねば、不思議の事に思いしに、或《あ》る夕暮れ、何処《いずく》とも無く三足なる蛙《かわず》一疋《いっぴき》飛び来て、水の汀《みぎわ》なる薄《すすき》の影《かげ》にて頻《しき》りに鳴《な》く。
其《そ》の声《こえ》を聞いて、築山《つきやま》の岩《いわ》の狭間《はざま》より、大きなる蛇 一疋《いっぴき》這《は》い出て、此《こ》の蛙を取らんとす。
蛙《かえる》は鳴《な》くに正根《しょうね》を入れて後《うし》ろへ蛇《へび》の臨《のぞ》む事を知らず。
上《うえ》なる亭《ちん》より是《これ》を見て、気の毒《どく》さに、
「蛇を追い退《の》け、蛙《かわず》を助けん」
と下《した》へ降りける其の間に、蛇《へび》飛び掛かって、蛙に喰《く》い付きぬ。
「さては、最早《もはや》取られぬ」
と思い、其のままにして上《うえ》より詠《なが》め居《い》ければ、暫《しばら》く有りて彼《か》の蛇は死し、蛙《かえる》は還《かえ》って恙《つつが》無く外《ほか》の所へ飛《と》び行《ゆ》きて、又先の如《ごと》くに鳴《な》く。
然る所に、此の声《こえ》を聞いて何処とも無く小《ちい》さき蛇は出でて、そろりそろりと狙い寄り、相《あい》近く成りて彼《か》の蛙《かえる》に飛び掛かり、既《すで》に喰《く》らい付く所を、

【現代語訳】

ところが、いつの頃からか、ヘビが多く死んで池の辺《ほとり》亡骸《なきがら》がたくさんとぐろを巻いていました。

何かにやっつけられた様子もなかったので、家の人不思議に思っていました。

ある日夕暮れ、どこからともなく、三本足のカエル一匹飛んできて、水辺のススキでしきりに鳴きました。

その鳴き声を聞いて、築山《つきやま》[人工の小山]の間から、大きなヘビ一匹這い出て来て、このカエル捕ろうとしました。

カエル鳴くのに一生懸命で、後ろからヘビ狙っていることを知りませんでした。

家の人亭《ちん》[小屋]からこれを見ていて、カエル気の毒になり、

ヘビ追い払って、カエル助けよう」

と思い、降りているその間に、ヘビカエル飛び掛かっ食い付きました。

「ああ、もう食べられてしまったか」

家の人は思い、そのままから様子を見ていると、しばらくして、そのヘビ死んでしまい、カエル生き延びてなんともなく、他の場所に行って、またさっきのように鳴きました。

そこに、この鳴き声を聞いて、どこからともなく小さなヘビ這い出て来て、そろりそろりとカエル狙って近づきました。

射程範囲内になったところで、そのカエル飛び掛かり、もう喰らい付いたかと思った時に、

【解説】

【現代語訳】で普通に「小屋」って書けばいいのに、わざわざ「亭《ちん》[小屋]」って書いたのは、やっぱりチンって響きが好きなんだね。

(ノーコメント)

さて、ヘビ捕食しようとしているの助ける行為賛否両論ありますよね。

ヘビだって生きるのに必死なんだし、でも、カエルカワイイし。。。

さてさて、三本足のカエルを食べようとしたヘビ謎の死を遂げますが、そのを解くカギは、この導入部分「チンと三敵の話」にヒントが隠されています。

さてさて、大きなヘビから逃れたカエルですが、今度は小さなヘビが襲ってきます。

一難去ってまた一難今度カエルヘビを倒すことができるのでしょうか?

次回に続く!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

◆インフォメーション

「を知る通信」さんに、「あなたの家の中にいるかもしれない衝撃の妖怪五選」という記事を寄稿しましたので、ぜひご覧ください!ヾ(๑╹◡╹)ノ"
はてなブックマークでのコメントもぜひ!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

news.woshiru.com

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション 

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪
全訳 男色大鑑〈武士編〉

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 
男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w