うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

八日目『稲生平太郎妖怪記』(『稲生物怪録』)

 

 

f:id:KihiminHamame:20211024152236j:plainf:id:KihiminHamame:20211024152228j:plain

f:id:KihiminHamame:20211024152239j:plainf:id:KihiminHamame:20211024152232j:plain

f:id:KihiminHamame:20211024152243j:plain
(暴れまわる塩俵と足駄)

新日本古典籍総合データベース
※この記事では、国文学研究資料館所蔵品の画像データを適時加工して利用しています。 (CC BY-SA 4.0)
※画像は拡大できます。

【原文】

翌、八日の夜は、一家の者両人来たり、俳諧の物語などし居けるに、其の折しも、塩俵弐ツ三ツ席中を立ち廻り、はら/\塩を降らしける。
三人は目も離さで見る内に、足駄《あしだ》一足急に[飛び]来たり、襖《ふすま》を突き破り、外に[飛び]出ぬ。※[脱字]を補いました。
両人は氣を失ひし心地せしが、やがて暇《ゐとま》を乞ひ帰りけるとなり。


【現代語訳】

 翌、七月八日は、平太郎の一族の者二人来ました。
 俳諧の話などをしているちょうどその時塩俵二つ三つ現れ、その場を暴れまわって、パラパラ降らせました。
 三人も離さずにその様子を見ていると、今度は足駄《あしだ》[高下駄《たかげた》]一足、急に飛んできて、襖《ふすま》突き破り飛び出ました。
 一族の二人気を失いそうになりましたが、すぐに別れの挨拶をして帰ったということです。

【解説】

今回は塩俵足駄暴れますヾ(๑╹◡╹)ノ"

塩をパラパラと降らせる怪異を起こす妖怪には、清めの塩とか効きそうにもないですねヾ(๑╹◡╹)ノ"

北見花芽はいつもには塩対応足蹴にするんだよヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(前回の答え合わせ)】
f:id:KihiminHamame:20211023160408j:plain
f:id:KihiminHamame:20211024152924j:plain 

【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(正解は次回発表)】

f:id:KihiminHamame:20211024153021j:plainf:id:KihiminHamame:20211024153024j:plain

 

◆インフォメーション

※北見花芽の中の人も少しだけ付録CDで担当しています。
※付録CDに『武太夫物語絵巻』(『稲生物怪録』)が収録されています。

北見花芽愛用のくずし字辞典です。

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w