うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

殿は鞍馬寺にお参りに行きます ~狂言「鈍根草」その2~

さあ、今日から狂言「鈍根草」の本文を読んで行くよ!

f:id:KihiminHamame:20180508225242j:plainf:id:KihiminHamame:20180508225248j:plain

f:id:KihiminHamame:20180508225254j:plainf:id:KihiminHamame:20180508225300j:plain
狂言記』巻三の三
国立国会図書館デジタルコレクション - 狂言記 5巻. [3]

翻刻
三 とこんさう
▲との 罷出たるは此あたりの者て御ざる、さやう
に御ざれば。いつも鞍馬(くらま)へくわしやを。だい
まいりに。まいらするやうに御さる。今日ハ
それかしが。社参(しやさん)いたそうとぞんする。太良
くわじやを。よびいだし。申付うとぞんする。
太良くわじやあるか ▲くわしや おまへに ▲との ねんなふ。
はやかつた。なんぢよび出す別義(へつき)でない。
鞍馬へ今日ハまいらふとおもふほとに。供(とも)の
やういをいたしませい ▲くわしや したくいたして
御ざる ▲との こい/\。なんぢハ。ミちすがらの名跡(めいせき)
古跡(こせき)があらバ。かたれ ▲くわしや 畏て御さる。とつと
御さりました ▲との この河(かハ)ハなにといふ ▲くわしや
たかの河と。申まする ▲との ふん。たかの川といふ
ハ。是か ▲くわしや 中/\ ▲との きゝおよふだより。いか
い川ぢや ▲くわしや すなはちこれが。ミぞろ池(いけ)で
御ざる ▲との はて。いかひ池ぢやな。こい/\ ▲くわしや
はあ。ほとなふ。おまへで御さりまする ▲との てう
づをくせい ▲くわしや 畏て御ざる ▲との やい。なん

【現代語表記】
三「鈍根草[どごんそう]
▲殿「罷り出たるは、この辺りの者で御座る。
左様に御座れば、いつも鞍馬(くらま)へ冠者[かじゃ]を代参りに参らする様に御座る。
今日は某[それがし]が社参(しゃさん)致そうと存ずる。
太郎冠者を呼び出だし、申し付けようと存ずる。
太郎冠者あるか。」
▲冠者「御前に。」
▲殿「念無う[ねんのう]早かった。
[なんじ]呼び出す別儀(べつぎ)でない。
鞍馬へ今日は参ろうと思う程に、供(とも)の用意を致しませい。」
▲冠者「仕度致して御座る。」
▲殿「来い来い。
汝は道すがらの名跡(めいせき)・古跡(こせき)があらば語れ。」
▲冠者「畏まりて御座る。
とっと御座りました。」
▲殿「この川(かわ)は何と言う。」
▲冠者「高野川と申しまする。」
▲殿「ふん、高野川と言うは是か。」
▲冠者「中々。」
▲殿「聞き及ぶより厳い[いかい]川じゃ。」
▲冠者「即ちこれが深泥[みぞろ]池(いけ)で御座る。
▲殿「はて、厳い池じゃな。
来い来い。」
▲冠者「はあ、程無う[ほどのう]御前で御座りまする。」
▲殿「手水[ちょうず]をくせい[「くす」は「よこす」の意]。」
▲冠者「畏まりて御座る。」
▲殿「やい、汝

【ざっくり現代語訳】

三「鈍根草[どごんそう]

▲殿「ジャジャ~ンと皆の前に出て来たこのワシは、この辺りに住む者でござる。
そんなわけで、いつも鞍馬寺へは冠者をワシの代理としてお参りに行かせているのじゃが、今日はワシが自らお参りに伺おうと思っておりまする。
太郎冠者[たろうかじゃ]を呼び出して、その旨を申しつけようと思うのじゃが、太郎冠者はおるか~?」

▲冠者「目の前におります。」

▲殿「うは、思ったより早く来たな。
お前を呼び出したのは大した事ではない。
鞍馬寺へ今日、お参りに行こうと思うから、お供の用意をしなさい。」

▲冠者「もう用意は出来ております。」

▲殿「なんじゃ、これまた早いな、じゃあ、行くぞよ!
お前は道中に名所旧跡があったら説明しなさい。」

▲冠者「かしこまりました。
あ、早速、有名な川が見えてきました。」

▲殿「またまた早いな。
この川は何と言う川じゃ?」

▲冠者高野川と申します。」

▲殿「ふ~ん、これが世に聞く高野川か。」

▲冠者「そうでございます。」

▲殿「思ったより大きな川じゃな。」

▲冠者「そして、こちらが深泥池[みぞろいけ]でございます。」

▲殿「はてさて、これも大きな池じゃな。
さあ、どんどん行くぞ!」

▲冠者「ははあ、もう鞍馬寺に着きまする。」

▲殿「もう着いたのか。
では、手水[ちょうず]を遣[よこ]しなさい。」


▲冠者「かしこまりました。」

▲殿「さあ、お前も

【解説】

冒頭の「罷り出たるは、この辺りの者で御座る」狂言決まり文句です。
なんか唐突な言葉に感じますが、とりあえずの決まった挨拶だと思えばよいでしょう。

狂言には「太郎冠者」という人物がよく出てきます。
「冠者」「使用人」を意味するのですが、「太郎」は名前ではありません。
狂言には「太郎冠者」とともに「次郎冠者」「三郎冠者」もよく出てきます。
つまり、「太郎」「次郎」「三郎」序列を現していると思われ、「太郎冠者」「筆頭の使用人」のことだと思われます。

ここの「殿」は、一国一城の主というわけではなく、とある武家の主人レベルの人物だと思われます。
狂言記』において、「大名」の場合はちゃんと「大名」役柄が書かれているのです。
それにしても、武家を茶化して大丈夫だったんですかね?
人物を特定さえしなければ、我々が思ってるより、このあたりは大らかだったのかもしれません。

言われる前に行動している太郎冠者はデキる男のようですが、殿は少々頼りなく感じますね。
せっかくの名所を見た感想も「思ったより大きい」だけですし(笑)
庭の池とかしか見たことがなかったんですかね?(笑)

 

野村万蔵さんブログ「鈍根草」のことが書いてあるよ!

ameblo.jp


「この狂言はとっても珍しい狂言で、国立能楽堂でも15年振りだそうです[中略]

何でやらないのかな?それは台本が悪い(つまらない)からだと思います。」

つまんないものを、これから読んでいくのか。。。

大丈夫だよ、北見花芽のブログはいつもつまんないんだから♪

次回予告 兼 くずし字クイズ

さて、今回はタイトルにある「鈍根草」は出てきませんでしたが、次回は出てくるのでしょうか???

f:id:KihiminHamame:20180508230421j:plain
ヒント1っ!

f:id:KihiminHamame:20180508230430j:plain

役柄の部分は今回も散々出てきたので、何と書いてあるかわかりますよね?
植物の名前は、はもうお分かりですよね♪
「にく」ではありませんw

ヒント2っ!

f:id:KihiminHamame:20180508230438j:plain

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪ NEW!

 

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆下の広告をクリックしていただけたら、ありがたいです♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)

広告