うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

奥村幸手軒、反撃開始! ~『男色比翼鳥』巻1の2 その5~

『男色比翼鳥』巻1の2続きだよ♪

取り上げて欲しい作品やテーマは引き続き募集中だよ!

f:id:KihiminHamame:20181001003226j:plain

f:id:KihiminHamame:20181001003229j:plainf:id:KihiminHamame:20181001003233j:plain
※この記事では、国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しております。
男色比翼鳥 6巻. [1] - 国立国会図書館デジタルコレクション
※画像はクリックすると拡大します。

翻刻

きらぬに奥村にがひ皃していやはやとぼけたるわか
ものそうした心底にて念頃ハ成がたし御恩をかう
むりほうげたをやしなふ三代相恩(そうをん)の主人におもひかへ
し若衆ずき今更(さら)牢(らう)人の身なればとてさやうに
心かわらんやいでや若道の根元(こんげん)いち/\咄侍らん
抑(そも/\)女若(によじやく)二道は恋の両輪(りやうわ)とへだつれどおつればをなじ
ぬれのさたぬれかたまつて色のひとつ色の根元本
男色よりおこりしを當世の若人(わかふど)そのたへなるをし
らで女色にミだれ若死(わかじに)するこそかなし誠にそれがし
などハ慈童(じどうが)むかし増田(ました)がいにしへをわすれず児(ちご)若
衆の美(び)成すがたにハ魂(たましい)をとばし後家娘いやらしき
風俗(ふうぞく)見れば時病(ぢびやう)の疝氣(せんき)俄(にハか)におこり其うへ胸(むね)わるく

赤字が前回のくずし字クイズの答えです。

【現代語表記】

きらぬに、奥村苦い顔して、
「いやはや、惚(とぼ)けとぼけたる若者。
そうした心底にて念頃[懇ろ](ねんごろ)は成り難(がた)し。
御恩を被(こうむ)り、頬桁(ほおげた)を養う、三代相恩の主人に思い返し若衆好き。
今更(さら)、牢(ろう)人の身なればとて、左様に心変わらんや。
いでや、若道[「若衆道」の略。男色のこと]の根元(こんげん)、いちいち咄(はな)し侍らん。
抑(そもそも)、女若(によじゃく)二道は、恋の両輪(りょうわ)と隔つれど、落つれば同じ濡れの沙汰[「落つれば同じ谷川の水」ということわざをもじっている]、濡れ固まって色の一つ。
色の根元、本(もと)男色より起こりしを、当世の若人(わこうど)その妙(たえ)なるを知らで、女色に乱れ、若死(わかじ)にするこそ悲しい。
誠に某(それがし)などは慈童(じどう)が昔、増田(ましだ)が古(いにしえ)を忘れず、稚児(ちご)若衆の美(び)成る姿には、魂(たましい)を飛ばし、後家娘嫌らしき風俗(ふうぞく)見れば、時病(じびょう)の疝気(せんき)俄(にわ)かに起こり、其の上、胸(むね)悪く

【さっくり現代語訳

言い終わらぬうちに、奥村幸手は、

あなた方は、なんともバカなことを言う若者ですねえ。

そんな生半可な気持ちでは、誰とも本当の深い仲にはなれませぬぞ!

ご恩を受け、食い扶持を与えて下さり、代々お世話になった殿を裏切るほどの若衆好きなのに、浪人になったからと言って、今更そう簡単に心変わりをするものでしょうか。

それでは、男色とは一体どういうものか、一つ一つお話しましょう。

そもそも、女色男色という二つの恋は、両側の車輪のように離れてますが、ハマってしまえば同じ色恋沙汰です。

色恋というものは、女色からではなく、元々は男色から始まったのに、イマドキの若いもんはその素晴らしさを知らないで、女色におぼれて、心中や腎虚によって若死にしてしまうから悲しいものです。

私などは、慈童[周の穆王(ぼくおう)の寵愛を受けた少年]増田[『男色大鑑』巻1の4に登場する若衆。実在の人物]昔話をずっと忘れず、稚児若衆[男色の対象となる年頃の少年]美しい姿には、を奪われるほどです。

後家娘[若くして未亡人となった女性?]汚らしい姿を見ると、持病の腹痛が急に起こり、その上、がむかつき、

【解説】

この箇所でも『男色大鑑』の影響が見られます。

『男色大鑑』井原西鶴の作品ですが、近々、待望の現代語訳が出版されるそうなので、今か今かと心待ちにしています。というか、今、初校を確認中。。。

さてさて、今度は奥村幸手女色ディスりはじめましたが、、、。

次回予告とくずし字クイズ

f:id:KihiminHamame:20181001003405j:plainf:id:KihiminHamame:20181001003409j:plain

三つ目コーナー

ねえ、ねえ、僕のBL作品のタイトルは、『男色三目敵討(なんしょくみつめのかたきうち)』っていうのはどう?

『男色狐敵討(なんしょくきつねのかたきうち)』って作品パロディータイトルだって分かる人はこの世に何人いるのやら。。。

 

   

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain

いただいたイヤホンのレビューはこちら♪ NEW!

いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪

いただいたハンドルピッチャーのレビューはこちら♪

  

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆下の広告(by 忍者AdMax)をクリックしていただけたら、ありがたいです♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w