うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

自分が自分と自分と自分に相談します。 ~『亀山人家妖』その3~

『亀山人家妖』の続きだよ!

喜三二さん妖怪ものなら登場させればいいと思うんだ。

f:id:KihiminHamame:20181108161327j:plainf:id:KihiminHamame:20181108161331j:plain

f:id:KihiminHamame:20181108161341j:plainf:id:KihiminHamame:20181108161345j:plain
喜三二[平沢常富]作、北尾重政 画『亀山人家妖(きさんじんいえのばけもの)』天明7 [1787]年刊
※この記事では国会図書館デジタルコレクションの画像を適時改変して使用しています。
絵本国土産 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※画像はクリックすると拡大します。

翻刻赤字が前回のくずし字クイズの答えです。

喜三二ハばけものゝしゆこうに◆さま/゛\くふうをこらし心で◆
心とさうだんしながら◆とろ/\ねいる

喜三二が心の友に◆亀山人をはじめ狂哥れんのてがらの◆
おかもちさいけんのしよをかくほう◆
せい堂などよりあい◆ばけものゝさうだんする

はやりのくわいらんしよく◆などであんじハある◆まいか

しよせんほんの◆ばけ物を◆かいてハ◆あやまる

おかもちが朋誠堂か◆喜三二が亀山人かと◆きくもきまぐれ

そこが何か◆ありそうな◆ものさ

くわい[心?]さい◆こうといふ◆あんじも◆口もとの◆所だ

【現代語表記】

喜三二は化け物の趣向に様々工夫を凝らし、心で心と相談しながら、とろとろと寝入る。

喜三二が心の友に、亀山人を始め、狂哥連の手柄岡持(てがらのおかもち)、細見の序(じょ)[書?]を書く朋誠堂(ほうせいどう)等(など)寄り合い、化け物の相談する。

「流行(はや)りの怪談書(かいだんしょ)[???]等(など)で案じはあるまいか。」

「所詮(しよせん)、本(ほん)の化け物を書いては誤(あやま)る。」

「岡持(おかもち)が朋誠堂(ほうせいどう)か、喜三二が亀山人か」と聞くも気紛(まぐ)れ。

「そこが何かありそうな物さ。」

「合切(がっさい)こう[???]と言う案じも口元の所だ。」

【さっくり現代語訳】

喜三二化け物の話の内容を、色々と自分の心の中で考えているうちに、とろりとろりと寝入ってしまいました。

喜三二心の友として、亀山人を筆頭に、狂言を詠む手柄岡持(てがらのおかもち)吉原ガイドブックの序文を書く朋誠堂(ほうせいどう)などが寄り集まって、化け物の話をどうするか相談しました。

岡持「流行(はや)り物からいいアイデアは持って来れないのか?」

喜三二「なんだかんだで、本物の化け物の事を書くと失敗するんだよなあ。」

岡持朋誠堂なの? 喜三二亀山人なの?」
と聞いたとしても、名前の使い分けはその時々によるものです。


亀山人「何かいいアイデアがありそうなもんだがねえ。」

朋誠堂「くだらないアイデアしか思いつかない。」

【解説】

すいません、この箇所、どう漢字を当てたら良いか分からない語句が多くて、何とか前後の文脈を考慮して無理矢理意味が通るように訳しました。。。

ちゃんとわかったら、たぶんしれっと修正すると思います(笑)

ここに登場する亀山人・手柄岡持・朋誠堂は全て作者喜三二別名です。

読者は当然このことは分かっていたでしょうから、喜三二さんは当時はそれなりに有名人だったのでしょうね。

つまり、この場面は喜三二自身の心の中脳内会議なわけです。

この時代からこういうシュールな趣向は存在したのですね。

次回予告とくずし字クイズ

いよいよ化け物が登場したのですかね?
f:id:KihiminHamame:20181108161712j:plain

三つ目コーナー

北見花芽も きひみハマめ やら ミョウ・ガール やら色んな名前を持っててズルいから、僕にも別名をつけてよ!

ズルムケハゲ三郎(満面の笑み)

 

     

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain

いただいたイヤホンのレビューはこちら♪ NEW!

いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪

いただいたハンドルピッチャーのレビューはこちら♪

  

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆下の広告(by 忍者AdMax)をクリックしていただけたら、ありがたいです♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w