うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

本所七不思議~番外編:石原・椎の木?~

椎の木屋敷のある辺りの地名石原町

f:id:KihiminHamame:20181223162004j:plain
〔江戸切絵図〕 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※ この記事では国会図書館デジタルコレクションの画像を適時改変して使用しています。

二回ほど、ピンと来る方がいないか問うたのですが、どなたも反応しなかったので、答えを書きます。

ほら、『男色比翼鳥』、覚えてませんか? 

kihiminhamame.hatenablog.com

『男色比翼鳥』二人の少年比翼鳥に連れてこられて降ろされた場所が、石原椎の木の下だったではありませんか!

そう、まさか、『男色比翼鳥』奥村幸手の家があったのも本所辺りだったとは、思いがけない発見で、私はビックリしたのですけど、どなたも興味がなかったようで。。。

今回使った江戸時代の地図「江戸切絵図」「本所」の箇所なのですが、隅田川向島の箇所には、梅若塚もちゃんと載っています。

f:id:KihiminHamame:20181223162442j:plainf:id:KihiminHamame:20181029004420j:plain
男色比翼鳥 6巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション
kihiminhamame.hatenablog.com

『男色比翼鳥』挿絵と同じようにが描かれていますね。

あと、浅茅ヶ原を描いた挿絵にあった鏡池は、「浅草」の箇所にちゃんと描かれていましたよ♪

f:id:KihiminHamame:20181223162449j:plain
f:id:KihiminHamame:20181029004734j:plainkihiminhamame.hatenablog.com

ちなみに、『男色比翼鳥』を初めとする「男色物」になった作品『男色大鑑』です。

その『男色大鑑』一般向け現代語訳がついに出版されました!

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

三つ目コーナー

三つ目のBLの企画をずっと温めてるんで、興味のある出版社の方はご連絡ください!

興味を持たれる出版社など無いと思いますが、間違っても、絶対に、連絡しないで下さい!

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w