うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

箱を開けるその時まで。。。 ~『玉水物語』その26[完]~


f:id:KihiminHamame:20190712004812j:plainf:id:KihiminHamame:20190712004816j:plain
f:id:KihiminHamame:20190712004821j:plainf:id:KihiminHamame:20190712004824j:plain
玉水物語 2巻 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
※この記事では、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの画像を、適宜改変して使用しています。

翻刻

此箱ハ人
にあかれす年ふれとおひせすそふ人にあいをます
箱なれハ奉るなり君にそひ参らせんほとハ此かけ
こをあけさせ給ふなと申をきつることくやうおほし
めしはなれんとちめなとにハあけても御らんせさせ
給へなとこま/\とかきて参らせたるにあハれ
あさからすおほしめしけるちくるいなからかゝる

やさしきこゝろの哀ふかきをうちつたへのために
をくなり

赤字が前回の予習の答え

【現代語表記】

「此の箱は、人に飽かれず、年経(ふ)れど老いせず、添う人に愛を増す箱なれば奉るなり。
「君に添い参らせん程は此の掛子[懸籠](かけご)を開けさせ給うな」と申し置きつるごとく、よう思し召し、離れん閉ぢめなどには開けても御覧ぜさせ給え」
など、細々と書きて参らせたるに、哀れ浅からず思し召し、畜類ながらかかる優しき心の哀れ深きを打ち伝えのために置くなり。

【さっくり現代語訳】

「このを持っていると、配偶者飽きられず、を取っても老化せず、配偶者が増す効果があるなので、差し上げるのです。
に添い遂げなさっている間は、この内蓋をお開けになってはいけません」
と前に申し上げたことは決してお忘れなく、崩御されてお別れになったあとに、開けてご覧くださいませ」
 などと[玉水は]細かく姫君に書いて差し上げたのでした。
 姫君はたいそう感動されたのでした。

 ケダモノであっても、このように優しい心を持ち、思いやりが深いキツネがいたことを、後世に伝えるために、このように物語にして残しました。

『玉水物語』完

【解説】

はい、あっさりお話終了です。
『玉水物語』が現在では忘れ去られた話なのは、やっぱりオチインパクが少ないからでしょうね。

さて、謎の箱ですが、
「人に飽かれず、年経れど老いせず、添う人に愛を増す箱」
とは、どういうことか分かりますか?
そうです、いわゆる玉手箱というやつですね。
気づいた方もおられると思いますが、その21タイトルですでにネタバラシしてたりします(笑)
玉水が手渡しする箱だから、玉手箱? ~『玉水物語』その21~ - うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

このブログマニアの方(え?そんな人いないって?)なら覚えてらっしゃると思いますが、以前、浦島太郎の回でも説明したように、玉手箱は開けたら老人になる理不尽ではなく、時間封じ込めることができるなのです。
亀が時間を操れるとは。 ~『浦島太郎』その17~ - うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

玉手箱姫君が重ねるはずの封じ込めてくれるので、姫君を取らずに若さを保ち続け、結果として飽きられず愛され続けるというわけです。
そして、お亡くなりになって、される必要がなくなった時に、箱の内蓋を開けると、封じ込められていた時間が一気に解放されて老女となり、菩提を弔いながら天寿を全うするというわけです。

今、姫君を開けたところで、大した時間封じ込められてないので、老人にはならないでしょうが、玉手箱としての効力が失われると思われるので、以降は普通に老化してにも飽きられてしまうのでしょうね。

『浦島太郎』『玉水物語』室町時代に成立した御伽草子というジャンル作品です。
玉手箱というのはこの時期、流行の趣向だったのでしょうね。

ネット上で見る事が出来る『玉水物語』翻刻現代語訳の中には、一番大事な「老いせず」が欠落して「人に飽かれず、年経れど添う人に愛を増す箱」となっていて、箱の謎がよくわかんなくなっている場合があるのでご注意を!

次回リンクのまとめをして『玉水物語』シリーズ終了したいと思います。

三つ目コーナー

薄い本、どんどん続きを書くぞ~!

f:id:KihiminHamame:20190712005914j:plain

はい、三つ目薄い本今回強制終了

 

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆クリック報酬型広告(by 忍者AdMax) ご協力お願いします♪

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w