うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

紅葉合わせ大勝利! ~『玉水物語』その12~


f:id:KihiminHamame:20190324182814j:plainf:id:KihiminHamame:20190324182837j:plain
f:id:KihiminHamame:20190324182844j:plainf:id:KihiminHamame:20190324182850j:plain
玉水物語 2巻 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
※この記事では、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの画像を、適宜改変して使用しています。

【原文】

「幾入《いくしほ》に 染め返してか 紫の 四方《よも》の梢《こずゑ》を 染め渡すらん」となん書き付けられける。残りハ姫君書ゝせ給ふ。

 扨《さて》、其《そ》の日に成りて合ハせ給へバ、色〻心を尽くして詠ミ出で、えならぬ枝色を整へ給へ共《ども》、姫君のに並ぶも無かりけり。
 五度《ごたび》合はせ給へども、度毎《たびごと》に姫君ぞ勝たせ給ひける。此の事隠れなく、内にも聞こし召され、かの紅葉御召し有り。
「惜しミ給ふべきかハ」とてやがて参らせ給ひけれバ、帝《みかど》叡覧《ゑいらん》在《ましま》して、やがて其の姫君参らせ給ふべき由、時の関白に仰せ下されけれバ、
「定めて参らせ給ハんことハ悦び成るべけれど、宰相《さいしやう》微《かすか》か成る住居《すまひ》にて侍れバ、出だし立てんこと難《かた》くや」
 と申させ給えば、やがて心得させ給ひて、三箇所《さんかしょ》を賜《た》びにけり。
 予《か》ねて願ひし事成るに、悦び給ふ事、限りなし。やがて其の御営み目出度《めでた》かりけり。玉水の前の御気色《ごきそく》類《たぐひ》無し。

 津の国 角田《かくた》といふ所をぞ玉水の寿《ほか》い所[?]に賜《た》びにけり。
「我が身は無縁の身成れバ、たゞ哀れをかけさせ給ハんこそ嬉しう侍らめ。斯様《かやう》の御事ハ、思ひ掛け侍《はんべ》らず」
 と度/\申し返し奉れども、様/\恨み仰せられけれバ、「さらバ」、父母悦ぶこと斜《なの》めならず。
 有る時、かの母、物ゝ怪《け》めきて、悩ミ渡る。多くの祈りをしけれ共《ども》、月日重なるまゝに


予習の答え】

色々心をつくしてよミ出えならぬ枝色を
とゝのへ給へ共姫君のにならふもなかりけり

【現代誤訳】

「何回染め重ねたら、このような美しい紫色になるのでしょうか。もうすぐ、あちらこちらの紅葉枝先も、紫の葉いっぱいになることでしょう。あの方の心の中いっぱいにしたいものです」

 と姫君は五つの色の葉の枝に、玉水が詠んだ五首の歌を付けました。
 残りのには、姫君をお書きになりました。
 さて、紅葉合わせの当日になりました。
 どなたも色々と工夫を凝らしてを詠み、素晴らしい紅葉の枝を用意したのですが、姫君紅葉の枝に適(かな)うものはありませんでした。
 五回勝負しましたが、五回とも姫君がお勝ちになりました。
 この事は、あっという間に宮中にも知れ渡り、(みかど)は姫君紅葉の枝を献上するように仰せ付けました。
「よろこんで!」と姫君はすぐに紅葉の枝に献上なさると、はご覧になって、とてもお気に召されたようで、
「すぐにこの姫君参内(さんだい)[宮仕え]させなさい」
 と当時の関白に仰せ付けました。
 関白は、
「きっと喜んで参内されると思いますが、何しろ高柳の宰相お家ボンビーでございますので、参内ご用意をするのが難しいと思われまして」
 とに申し上げなさいました。
 はすぐに配慮なされ、荘園(しょうえん)を三箇所高柳の宰相にお与えになりました。

 姫君参内させるのが、高柳の宰相ご一家の長年のでしたので、とてもとても喜びました。
 すぐに参内ご用意は立派に整いました。
 玉水の前[忘れてると思いますが、玉水のフルネームね]活躍も素晴らしいということで、摂津(せっつ)の国の角田(かくた)[現在の大阪]という所の田んぼが与えられました。
天涯孤独の身でありますので、このようなお情けをかけていただいて、たいへん嬉しゅうございます。
 しかしながら、このようなご配慮をいただくのは、身分不相応でございます」
 と何度も辞退する旨をお伝えしましたが、も何度も
「受け取らなければの気が済まない」
 とおっしゃったので、玉水は、
「そうまでおっしゃられるのでしたら」
 とこの田んぼをいただき、養父養母プレゼントした所、養父養母マンモスうれピー

 ところがある時、その養母物の怪[化け物]に取り憑かれたかのように、に倒れました。
 さまざまな加持祈祷(かじきとう)を行いましたが、日に日に

【解説】

要するに、「紅葉合わせ」は、紅葉の品評会といった所でしょうか。
わせ」は「試」の意ですね。
どちらの紅葉が優れているか、競うイベントのようです。
エッチなイベントを期待された方、残念でした(笑)

これまで養母しか出てこなかったのですが、しれっと初めて養父の存在が示されましたね。

紅葉合わせに勝利し、参内も叶ってハッピーエンドに向かうかと思いきや、玉水の養母病気になるという急展開!
次回上巻が終わりです!

次回の予習

養母の願いです。
f:id:KihiminHamame:20190324184411j:plainf:id:KihiminHamame:20190324184415j:plain

三つ目コーナー

紅葉の葉っぱもいいけど、桜餅の葉っぱもよろしくね!store.line.me

(三つ目グッズが売れないから、ほかのグッズの宣伝にシフトしたというね。。。)

 

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w