うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

玉水は何処へ??? ~『玉水物語』その23~


f:id:KihiminHamame:20190627164251p:plainf:id:KihiminHamame:20190627164258p:plain
f:id:KihiminHamame:20190627164304j:plainf:id:KihiminHamame:20190627164309j:plain
玉水物語 2巻 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
※この記事では、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの画像を、適宜改変して使用しています。

翻刻

扨御内参りのまきれに車にのるよしにていつち
ともなくうせにけり殿にハ内へ御供なりとおほす
内にハこゝ地あしとつねにいひしかハ里にとゝまり
ぬらんと人々おもふ姫君もなけかしくいかに成つ
るそと心もとのふおほしめし二三日すきて何方
へもなしよし聞へけれハ親の方爰かしこ尋ね
させ給へとも行ゑもしらすいつか十日のほとハさり
共きゝいてんよ所よりや帰りこんと待給へとも見へね
ハいつくにうせぬるそ人のかくしたるかと覚し給ひ
けれハ御悦に御心のうちの御なけきそまさせける

しよきやうの女房たちうちかこちなけきあひけり
何事につけても此人あらましかハとおほしけるさい
相殿ハ中納言にそ成給ひける玉水のことつねに名
高くいミしき事もあれハいかに成ぬる事そと歎
給ふ姫君ハ此箱の中ゆかしくおほさるれとも御門
のおハします事たへすひまなくてあかし暮し
給ふに有ときくわんのてうへ御幸有よきひまとて
覚しめし忍ひてあけて御らんすれハはしめより
おハりの事をかきつけたりこハいかに成ことそと
御むねうちさハきおそろしくもあハれにも覚し

赤字が前回の予習の答え

【現代語表記】

扨(さて)、御内参りに紛れに車に乗る由にて、何方(いずち)ともなく失せにけり。
殿には「内に御供なり」と思す。
内には「心地悪しと常に言いしかば、里に留まりぬらん」と人々は思う。
姫君も歎かしく「如何(いか)に成りつるぞ」と心許のう思し召し、二・三日過ぎて、何方へも無し由聞こえければ、親の方、爰(ここ)かしこ尋ねさせ給えども、行方も知らず。
五日・十日の程は「さり共、聞き出(いで)ん。余所(よそ)よりや帰り来ん」と待ち給えども、見えねば、「何処(いずく)に失せぬるぞ。人の隠したるか」と覚し給いければ、御悦(よろこ)びに御心の内の御歎きぞ増させける。
諸卿の女房達、打ち託(かこ)ち歎き合いけり。
何事につけても、「此の人の有らましかば」と思しける。
宰相殿は中納言にぞ成り給いける。
玉水の事常に名高くいみじき事もあれば、「如何に成りぬる事ぞ」と歎き給う。
姫君は此の箱の中床(ゆか)しく思さるれども、御門[帝]の御座(おわ)します事絶えず、暇無くて明かし暮らし給うに、有る時、官の廰[庁](ちょう)へ御幸(みゆき)有り。
良き暇とて覚しめし、忍びて開けて御覧ずれば、始めより終わりの事を書き付けたり。
「こは如何に成る事ぞ」と御胸内騒ぎ、恐ろしくも哀れにも覚し

【さっくり現代語訳】

 さて、玉水姫君参内(さんだい)のどさくさに紛れて、牛車に乗るように見せかけて、どこへともなく消え失せてしまいました。
 当然、高柳様のお屋敷では、
玉水さん姫君と一緒に宮中に行かれたのだろう」
 と思っていました。
 宮中では、
玉水さんはずっと体調が悪いとおっしゃってたので、まだ高柳様のお屋敷にいらっしゃるのでしょう」
 と、みんな思っていました。
 姫君玉水の姿が見えないのでお嘆きになり、
「どうなさったのでしょう?」
 と不安にお思いになりました。
 二・三日が過ぎて、玉水お屋敷にも宮中にもいないことが分かったので、玉水の養母の家など、あちらこちら捜したのですが、行方不明でした。
 五日から十日の間あたりは、
「そうは言っても、居場所はそのうち分かるでしょう。どこかからふらっと帰ってくるでしょう」
 と姫君はまだ余裕を持って待っていましたが、いつまでたっても玉水は姿を見せないので、

「どこに行ってしまったのでしょう?
 誰かに誘拐でもされてしまったのでしょうか?」

 とお思いになり、参内が叶ったことはお喜びになっているものの、お心の中の嘆きは増すばかりなのでした。

 他の女房達も、あらゆるシチュエーションで、
玉水さんがいらっしゃったらすぐに解決するのに」
 と口々に玉水の不在を嘆き合うのでした。
 高柳の宰相(さいしょう)様中納言におなりになりました。
 高柳様玉水の名声がとても高いことをご存じなので、
「どうなってしまったのだ」
 とお嘆きになるのでした。
 姫君例の箱の中が気になってしかたないのですが、がずっと一緒にいらっしゃるので、を開けるチャンスがないまま、月日が過ぎていくのでした。
 ある時、太政官(だじょうかん)の役所にお出かけになるご用事がありました。
 姫君は、
「ナウ・ゲッタ・チャンス!」
 とお思いになり、こっそり「ニン!」を開けて中の手紙をご覧になりました。
 そこには、キツネの玉水姫君に一目惚れして女房に化けた、一部始終が全て書き付けられていました。
 姫君は、
「マ、マ、マジかよ。。。」
 と心の中ザワザワなさって、恐ろしくお思いになりながらも、玉水の事が哀れにもお思いに

【解説】

 細かいことですが、本文中に「御内参り」などとあるので、「参内」と訳していますが、意味合い的には「入内(じゅだい)」の方が良いかもですね。
 要は姫君帝の妻になったわけです。
 まあ、何人いるか知りませんが、高柳様中納言昇進して、めでたしめでたしというわけです。
 宰相[参議の別名]は、太政官の役職で、上から、太政大臣左大臣・右大臣・大納言・中納言・参議[宰相]というランクがあり、高柳様一階級昇進ということですかね。
 天皇の妻には、上から、皇后・中宮・女御(にょうご)・更衣(こうい)[※ちなみに光源氏の母親は桐壺更衣]ってランクがあったみたいですが、姫君だと女御あたりですかね。

 スマホとかも無くて連絡網も発達していない時代ですから、玉水がいなくなったことが判明するまで、やはり数日はかかってしまうのですね。
 この手の神隠も、日常茶飯事だったのかもしれません。

 さて、姫君はついに箱の中の手紙を読んで、玉水の正体を知ってしまいました。
 物語の終焉(しゅうえん)まであとわずかです。

次回の予習

玉水の手紙にはまだ続きがあるようです。
f:id:KihiminHamame:20190627165637j:plainf:id:KihiminHamame:20190627165640j:plain

三つ目コーナー

何、描いてるの?

薄い本。

f:id:KihiminHamame:20190627165731j:plain

 

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w