うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

江戸時代の金太郎の絵本 その6

f:id:KihiminHamame:20200623100032j:plainf:id:KihiminHamame:20200623100037j:plain

f:id:KihiminHamame:20200623100040j:plainf:id:KihiminHamame:20200623100044j:plain
金太郎 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。

翻刻

またあるとき◆やまへあそびに
ゆきたるに◆大ぼくのすぎ
にこのはてんぐ◆いたりしを
木をゆす◆ぶりてミな
おとしける◆にてんぐも
しよせんかな◆ハぬとおもひ
けれバあらそハず
金太良にしたがひ
あいてをする

「どつこい/\◆どつちらも
まけるな◆かつたもの
にハほふびに◆このはせん
べいを◆やりま◆すぞ

「どつ◆こい◆/\
はな◆が◆じやま◆に
なつて◆とりに◆くい
はな◆はだ◆こま◆るわけ◆だ

【現代語表記】

また或《あ》る時は山へ遊びに行《ゆ》きたるに、大木の杉に木の葉天狗《このはてんぐ》居たりしを、木を揺す振りて皆落としけるに、天狗も所詮敵わぬと思いければ、争わずに金太郎に従い、相手をする。

「どっこい、どっこい、どっちらも負けるな!
勝った者には褒美《ほうび》に木の葉煎餅を遣りますぞ。

「どっこい、どっこい、鼻が邪魔になって取り難い。
甚《はなは》だ[「鼻」とかけた]困る訳だ。


【現代語訳】

またある時、金太郎に遊びに行き、杉の大木木の葉天狗《このはてんぐ》がいるのを見つけ、を揺さぶって木の葉天狗を全員から落としました。
木の葉天狗もこのバカ力《ばかぢから》にはかなわないと思い、争わないで金太郎子分になりました。

金太郎「どすこい、どすこい、どちらも負けるな!
勝った方にはご褒美木の葉せんべいをあげましょう」

木の葉天狗「どすこい、どすこい、がジャマで相撲が取りにくい。
まったく困ったもんだ」

【解説】

知ってる話だと金太郎相撲を取るのですが、自分は取らずに相撲を取らせて楽しむとは。。。
ますますイメージが違う、暴君金太郎ですヾ(๑╹◡╹)ノ"
木の葉天狗の姿をした天狗の妖怪です。烏天狗《からすてんぐ》亜種ですかねヾ(๑╹◡╹)ノ"
相撲ジャマになっているのは、正確にはではなくクチバシですねヾ(๑╹◡╹)ノ"
木の葉せんべいは、木の葉の形をしたせんべいです。

三つ目コーナー

天狗になりたいよ~ヾ(๑╹◡╹)ノ"

すでに、調子に乗って天狗になってるじゃんヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪
全訳 男色大鑑〈武士編〉

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 
男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w