うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

輪っかに顔が付いた妖怪

 

 

f:id:KihiminHamame:20220412153526j:plainf:id:KihiminHamame:20220412153532j:plainf:id:KihiminHamame:20220412153539j:plain

f:id:KihiminHamame:20220412153549j:plainf:id:KihiminHamame:20220412153554j:plainf:id:KihiminHamame:20220412153603j:plain

f:id:KihiminHamame:20220412153626j:plainf:id:KihiminHamame:20220412153631j:plainf:id:KihiminHamame:20220412153638j:plain
新日本古典籍総合データベース
『諸国百物語』[延宝五(一六七七)年刊]
※この記事では国文学研究資料館所蔵資料の画像を適宜改変して使用しています。(CC BY-SA)

【原文】

九 京東洞院《きやうひがしのとうゐん》片輪車《かたわぐるま》の事
 京東洞院通《きやうひがしのとうゐんとをり》に、昔、片輪車《かたわぐるま》と云ふ化け物《もの》有りけるが、夜《よ》な/\下《しも》より上《かミ》へ上《のぼ》ると云ふ。
 日暮れになれバ、皆人恐れて、往来《わうらい》する事《こと》無し。
 ある人の女房《によバう》、是《これ》を見たく思ひて、ある夜《よ》、格子《かうし》の内より覗《うかゞ》ひ居けれバ、案の如く、夜半《やハん》過ぎの頃、下《しも》より片輪車《かたわぐるま》の音しけるを見れバ、牛《うし》も無く人《ひと》も無きに車の輪《わ》一つ回り来《きた》るを見れバ、人《ひと》の股《もゝ》の引き裂きたるを下げて有り。
 かの女房《によバう》、驚き恐れけれバ、かの車《くるま》、人《ひと》の様《やう》に物《もの》を云ふを聞けバ、
「如何《いか》にそれなる女房《によバう》、我を見んよりハ、内《うち》に入《いり》りて汝《なんじ》が子を見よ」
 と云ふ。
 女房、恐ろしく思ひて、内《うち》に入《い》り見れバ、三つになる子《こ》を肩より股《もゝ》まで引き裂きて、片股《かたもゝ》ハ何方《いづかた》へ取り行きけん、見えずなりける。
 女房《によバう》、歎き悲しめども、返らず。
 かの車《くるま》に掛けたりし股《もゝ》ハ此《こ》の子《こ》が股《もゝ》にて有りしと也。
 女《をんな》の身《ミ》とて余りに物を見んとする故也。

【現代語訳】

巻一の九「京の東洞院通《ひがしのとういんどおり》の片輪車《かたわぐるま》の事」

 京の東洞院通には、昔、片輪車《かたわぐるま》という化け物が出ました。

 片輪車は、毎夜東洞院通からに上ったと言います。

 日暮れになると、人々は皆恐れて、外出することはありませんでした。

 ある人の女房が、この片輪車を見たく思い、ある夜格子窓の中から様子をうかがうと、思った通り、夜中の0時から2時の頃から片輪車がしました。

 見ると、車を引くも、操るもおらず、車の輪っか一つだけ、自分回ってやって来ました。

 この片輪車をよく見ると、引き裂かれた人の脚ぶら下げていました。

 女房驚いて怖がると、片輪車は、のように言葉話したので聞くと、

「おい、そこにいる女房よ、見るより、に入って自分の子見た方がいいぞ」

 と言いました。

 女房恐ろしく思って、に入って見ると、三歳になる子が、肩から脚まで引き裂かれていて、片脚はどこへ持ち去られたのか見当たりませんでした。

 女房嘆き悲しみましたが、もうどうしようもありません。

 片輪車ぶら下げていた脚は、女房の子の脚だったというわけです、

 女の身としては余計なもの興味を持って、見ようとするから、こういうことになったのです。

 いや、いや、それより、この話ガチで怖い奴やん!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

 

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
5月3日は北見花芽の誕生日ヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

※北見花芽の中の人も少しだけ付録CDで担当しています。
※付録CDに『武太夫物語絵巻』(『稲生物怪録』)が収録されています。

北見花芽愛用のくずし字辞典です。

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ 
 多くの方に読んでいただきたいので、少しでも拡散してくださるとありがたいです。