うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

井原西鶴が描く明智光秀! その2 ~『武家義理物語』巻一の二「瘊子は昔の面影」~

 

f:id:KihiminHamame:20210212142025j:plain

f:id:KihiminHamame:20210212142401j:plainf:id:KihiminHamame:20210212142356j:plain

f:id:KihiminHamame:20210212142410j:plainf:id:KihiminHamame:20210212142406j:plain

f:id:KihiminHamame:20210212142421j:plainf:id:KihiminHamame:20210212142416j:plain
武家義理物語 6巻. [1] - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しております。

翻刻

十兵衛
今に妻《つま》のなき事を見をよび。息女《そくぢよ》持《もち》たる人。乞聟《こひむこ》
の望《のぞ》ミ。彼是《かれこれ》内證《ないしやう》をいひ入けるに。妻《つま》ハ近江《あふミ》の國《くに》沢《さハ》
山。何がしに美《び》なる娘《むすめ》の兄弟《きやうだい》ありて。いづれか花《はな》紅《も》
葉《ミち》色《いろ》くらべのすぐれて。あねの見よげなれバ。十一の
年《とし》よりいひかハして。身躰《しんだい》極《きハま》りて。是《これ》をむかへる約《やく》
束《そく》。それよりハ七とせあまりも過《すき》ぬれば。世の哀《あハ》れ
人の情《なさけ》もしるべき程《ほど》なり。近《ちか》/゛\に呼《よび》むかへんと妻女《さいぢよ》

の親《をや》のもとへ状通《じやうつう》いたせしに。世にハ移《うつ》り替《かハ》れる
歎《なげき》あり兄弟《きやうだい》の娘《むすめ》。一 度《ど》に疱瘡《はうそう》の山をあげしに
美《び》なる姿《すがた》の姉《あね》むすめ。皃《かほ》いやしげに。さりとハむ
かしと替《かハ》りぬ。妹娘《いもとむすめ》ハ。已前《いゼん》にすこしもかハらず。面《をも》

影《かけ》うつくしくそだちぬ十兵衛に約束《やくそく》せし。姉《あね》が
形《かたち》の各別《かくべつ》になれば。是《これ》を人中におくりて。醜《ミにく》
き形《かたち》を恥《はぢ》させ。我《われ》が娘《むすめ》と沙汰《さた》せらるゝもよしな
しと。夫婦《ふうふ》内談《ないだん》して。いまだ妹《いもと》ハ何方《いつかた》へも契《けい》
約《やく》なけれバ。何となく是《これ》をつかハし申すべしと。此
事を語《かた》れば。

【現代語表記】

十兵衛、今に妻《つま》の無き事を見及び、息女《そくじょ》持《も》ちたる人、乞聟《こいむこ》の望み、彼是《かれこれ》内証《ないしょう》を言い入れけるに、妻は近江《おうみ》の国《くに》沢山《さわやま》、何がしに美《び》なる娘《むすめ》の兄弟《きょうだい》有りて、何《いず》れか花紅葉《はなもじ》、色《いろ》比べの優れて、姉の見良げなれば、十一の歳より言い交して、身体《しんだい》極《きわ》まりて是《これ》を迎える約束。
其《そ》れよりは七年《ななとせ》余りも過ぎぬれば、世の哀《あわ》れ、人の情《なさ》けも知るべき程《ほど》也。
近々呼び迎えんと妻女《さいじょ》の親《おや》の元へ状通《じょうつう》致せしに、世には移《うつ》り替《かわ》れる歎《なげ》き有り。
兄弟《きょうだい》の娘、一度《いちど》に疱瘡《ほうそう》の山を上げしに、美《び》なる姿《すがた》の姉娘《あねむすめ》、顔《かお》卑《いや》し気に、然《さ》りとは昔と替《か》わりぬ。
妹娘《いもとむすめ》は、已前《いゼん》に少しも替わらず、面影《おもかげ》美しく育ちぬ。
「十兵衛に約束《やくそく》せし姉《あね》が形《かたち》の各別《かくべつ》になれば、是《これ》を人中に送りて、醜《みにく》き形《かたち》を恥《は》じさせ、我《われ》が娘《むすめ》と沙汰《さた》せらるるも由無し」
と、夫婦《ふうふ》内談《ないだん》して、
「未《いま》だ妹《いもと》は何方《いずかた》へも契約《けいやく》無ければ、何となく是《これ》を遣わし申すべし」
と、此の事を語《かた》れば、

【現代語訳】

十兵衛にはまだがいないことを見知った人が、がいて婿《むこ》を探している夫婦に、あれこれと内々に、十兵衛婿にどうかと持ち掛けました。

すると、十兵衛の妻として、近江国《おうみのくに》沢山佐和山][滋賀県彦根市ある夫婦の、美しい姉妹候補にあがりました。

どちらが紅葉かと、比べてもどちらが優れているか迷うほどの美しい姉妹でしたが、姉娘の方が十兵衛好みだったので、姉娘十一歳の時に、それなりの時期が来たら十兵衛の嫁に迎える約束をしました。

それから七年余り過ぎ、姉娘世の哀れ人の情けも分かるぐらいの年頃になりました。

十兵衛はそろそろに迎えようと、姉娘の親の所に書状を送りました。

しかし、世の中は移り変わるにつれて、嘆くことが起こるものです。

姉妹同時天然痘にかかり回復したのですが、美しかった姉娘は、が残って醜くなり、なんとまあとは変わり果てた姿になってしまいました。

妹娘は、天然痘の跡も残らず、と少しも変わりなく昔の面影を残したまま美しく育ちました。

十兵衛殿約束した姉娘の姿がひどく変わってしまったので、姉娘をこのまま世間に出すと、醜い顔恥をさらすことになってしまい、それが私の娘だとになるのは何としても避けたい」

夫婦は内々に話し合い

「まだ妹娘とも夫婦になる約束をしていないので、しれっと妹娘十兵衛殿のもとに遣わしてしまいましょう」

と決め、まず姉娘このことを言いました。

【解説】

原文では、「姉」「妹」という言葉は使われているのに、「姉妹」という言葉は使われず、「娘の兄弟」「兄弟の娘」と言っているのが面白いですね。

諸説あるようですが、明智光秀の妻 煕子《ひろこ》美濃岐阜県妻木氏の娘とされています。
何故かここでは近江国沢山佐和山何がしの娘とされていますが、佐和山城光秀を討った豊臣方石田三成居城だったので、そのあたりが関連しているのでしょうか?

天然痘は今では根絶した伝染病ですが、重症だとひどい跡が残り、あばたと言われました。
「あばたもえくぼ」ということわざはここから来ています。

ねえ、ねえ、北見花芽一つ目どちらにする決めた

ねえ、ねえ、北見花芽三つ目どちらにする決めた

どちらにも決めねえよ!

十兵衛明智光秀の妻となるはずだった姉娘醜くなってしまったので、美しいまま妹娘十兵衛の元に送ろうと決めた娘の両親ですが、はてさてどうなることやら、次回に続く!

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ もうすぐバレンタインヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション 

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「武士編」及び「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

  • 発売日: 2018/12/17
  • メディア: 単行本
 
全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

  • 発売日: 2017/08/31
  • メディア: 単行本
 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w