うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

井原西鶴が描く明智光秀! その1 ~『武家義理物語』巻一の二「瘊子は昔の面影」~

 

f:id:KihiminHamame:20210209014126j:plain

f:id:KihiminHamame:20210209014508j:plainf:id:KihiminHamame:20210209014512j:plain

f:id:KihiminHamame:20210209014517j:plainf:id:KihiminHamame:20210209014521j:plain

f:id:KihiminHamame:20210209014526j:plainf:id:KihiminHamame:20210209014531j:plain
武家義理物語 6巻. [1] - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しております。

翻刻

㊁ 瘊子《ほくろ》ハむかしの面影《おもかげ》
明智《あけち》日向守《ひうがのかミ》の已前《いぜん》ハ。十兵衛といひて。丹州《たんしう》龜山《かめやま》の
城主《じやうしゆ》につかへて。やう/\廣間《ひろま》の番組《ばんぐミ》に入。外様《とざま》のつ
とめをせしが。朝暮《てうぼ》心ざし常《つね》の人にハ。各別《かくへつ》替《かハ》りて。

奉公《はうこう》にワたくしなき事。自然《しゼん》と天理《てんり》に叶《かな》ひ。ほど
なく弓大将《ゆミだいしやう》に仰付《あふセつけ》られ。同心《どうしん》廿五人 預《あづか》り。武家《ぶけ》の
面目《めんぼく》。此時《このとき》具足金《ぐそくかね》。拾 両《りやう》有しに。はや一 國《こく》の大名《だいミやう》にも
成ぬべき願《ねか》ひ。生《うま》れつきての大氣《たいき》。其身《そのミ》の徳《とく》也。

【現代語表記】

㊁ 瘊子《ほくろ》は昔の面影《おもかげ》

明智《あけち》日向守《ひゅうがのかみ》[日向は宮崎県]の已前《いぜん》は、十兵衛と言いて、丹州《たんしゅう》亀山《かめやま》の城主《じょうしゅ》に仕えて、漸《ようよ》う広間《ひろま》の番組《ばんぐみ》に入り、外様の勤めをせしが、朝暮《ちょうぼ》心ざし、常《つね》の人には各別《かくべつ》替《かわ》わりて、奉公に私《わたくし》無き事、自然《しぜん》と天理《てんり》に叶《かな》い、程無く弓大将《ゆみだいしょう》に仰《おお》せ付《つ》けられ、同心《どうしん》廿五人《にじゅうごにん》預《あず》かり、武家《ぶけ》の面目《めんぼく》、此《こ》の時《とき》、具足金《ぐそくがね》拾両《じゅうりょう》有りしに、早《は》や一国《いっこく》の大名にも成りぬべき願い、生《う》まれ付きての大気《たいき》、其《そ》の身《み》の徳《とく》也。

【現代語訳】

巻一の二「確か前はホクロがあったはず」

明智光秀は、かつては十兵衛と名乗っていました。

丹波国亀山京都府亀岡市城主になんとか雇用され、広間の警備員となり、城主からは離れた場所での勤務をしました。

しかし、十兵衛はいつも他の人よりずっと高く持っており、私情を捨ててひたすら奉公していたので、自然味方され、すぐに弓大将《ゆみだいしょう》任命され、足軽二十五人預かりました。

武家として最低限の面目を保つために、この時、十両の貯金がありましたが、それだけの貯《たくわ》えなのに、すでに一国の大名になることを願っていたのでした。

生れ付き広く大らかな心を持っており、それこそ十兵衛にそなわったなのでした。

【解説】

光秀亀山城に仕えた事実ありません

ただ、光秀亀山城だったので、そのあたりからの誤りでしょう。

ちょっと待って!

今回からは『野傾友三味線』をやるんじゃなかったの?

明智光秀記事アクセス数が今、爆上りらしいから、急遽予定を変更したんだよ!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

急いで書いたから、めっちゃ行数少ないのさ!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

麒麟がくるじゃなくて、北見が欲にくるった」だねヾ(๑╹◡╹)ノ"

次回に続くヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ もうすぐバレンタインヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション 

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「武士編」及び「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

  • 発売日: 2018/12/17
  • メディア: 単行本
 
全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

  • 発売日: 2017/08/31
  • メディア: 単行本
 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w