うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

人の花散る疱瘡の山 その3 ~井原西鶴『懐硯』巻一の五~

 

f:id:KihiminHamame:20210321145629j:plain

※下に現代語訳と解説があります。

f:id:KihiminHamame:20210321145639j:plain

f:id:KihiminHamame:20210321145712j:plain f:id:KihiminHamame:20210321145723j:plain

懐硯. 第1 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では、国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しております。

【原文】

 元より此の専九良、子細有りて、身躰《しんだい》稼ぐ身にもあらず。
 只《ただ》 獨《ひと》りの渡世《とせい》にハ、鬠結《もとゆハ》捻《ひね》り。
 甲斐《かひ》無き身を繋《つな》ぎて、上手《じやうず》の名《な》を得しに、或る時、左馬之丞僕、是を聞き及びて買ひに来たるを、それとも知らず、烟草《たばこ》など呑《の》ミて、一つ二つ四方《よも》の咄《はなし》の次而《ついで》に、思ハず噂《うハさ》有りて、渡《ワた》りに舟便《ふなだよ》りを得て、一命を抛《なげうつ》て頼み掛ゝれば、此の男、
「成程《なるほど》、それ体《てい》の思ひならば、肝煎《きもい》りべし」
 と言ふに嬉《うれ》しく、過ぎし比《ころ》よりの有様を書き綴《つゞ》り送りければ、左馬之丞見て、「真《まこと》に賤《いや》しき者」と有れば、還《かえ》つてしほらしき心根《こゝろね》感《かん》じ入り、返事をしてそれより深《ふか》き契約《けいやく》となりぬ。
 左馬之丞、故里《ふるさと》へは、病氣故《びやうきゆへ》、當所《とうしよ》の谷々《やつ/\》の景《けい》を心晴らしに詠《なが》むる由《よし》言い遣《や》り、専九良に別《わか》れを歎《なげ》くのミ也。

【現代語訳】

 元々この専九郎は、ワケあって、武士でありながら、主君に仕えて給料をもらうではありませんでした。

 女房もおらずただ独り身で、チョンマゲを縛る元結《もとゆい》を作って生活していました。

 生きている価値などないと思いながらも、を繋ぐためにだけに元結を作っていましたが、その元結評判を呼び、名人と言われる程になりました。

 ある時、左馬之丞の使用人が、専九郎の元結評判を聞き、買いにやって来ました。

 専九郎左馬之丞の使用人だとは知らず、タバコなどを吸いながら、一つ二つ世間話をしていると、話の中で左馬之丞の使用人だということが分かりました。

 専九郎は、「これは何というチャンス!」と思い、命がけで必死に左馬之丞との間の仲立ちを頼みました。

 左馬之丞の使用人は、

「なるほど、そこまで思い入れがあるならば、仲立ちをしましょう。」


 と言ってくれました。

 専九郎は嬉しくて、最初に見た時からの思いを手紙に書きまくって、使用人を通じて左馬之丞に送りました。

 左馬之丞は、「はただの貧しい者でございます」と書いてあるのを見て、むしろ慎み深い心持ち感動し、返事を書いて、それから深い男色の契りを交わすようになったのでした。

 左馬之丞国元へは、

病気になったので、鎌倉の谷々の景色を気晴らしに眺めて、もうしばらく滞在します。」

 などと伝えて、専九郎との逢瀬を重ねては、また会う時までのしばしの別れを嘆く日々をひたすら続けたのでした。

【解説】

 時代劇などには傘張りなどの内職をする浪人が出てきますが、当時の書物このような浪人の記述があるということは、現実でも浪人内職をしていたみたいですね。
 で、芸は身を助けると言いますが、この元結作りが、左馬之丞交際するキッカケとなるのですヾ(๑╹◡╹)ノ"

 ちなみに、専九郎ワケあって浪人になったようですが、こういう人はたいてい、男色トラブルを起こして、勤めをやめざるをえないケース多いんですよねえヾ(๑╹◡╹)ノ"

 で、二人結ばれて、これでハッピーエンドではありません、話はこれからですヾ(๑╹◡╹)ノ"

 わーい、にも手紙が届いたよ、からだろ?

 ん?督促状って書いてあるけど何???

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ まだ受け付けてますバレンタインヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション 

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「武士編」及び「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

  • 発売日: 2018/12/17
  • メディア: 単行本
 
全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

  • 発売日: 2017/08/31
  • メディア: 単行本
 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w