うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

二日目『稲生平太郎妖怪記』(『稲生物怪録』)

 

 

f:id:KihiminHamame:20211018154438j:plainf:id:KihiminHamame:20211018154428j:plain

f:id:KihiminHamame:20211018154443j:plainf:id:KihiminHamame:20211018154432j:plain

f:id:KihiminHamame:20211018154449j:plain
(行灯の灯が長く燃え上がる)

f:id:KihiminHamame:20211018154455j:plain
(部屋の中が水で満たされる)

新日本古典籍総合データベース
※この記事では、国文学研究資料館所蔵品の画像データを適時加工して利用しています。 (CC BY-SA 4.0)
※画像は拡大できます。

【原文】

然《さ》れバ二日の夜も行灯《あんどふ》明かしけるに、火長く燃え上がり、後は天井に燃え付くと見えにける。
権八は予《かね》て約せしに任せ、宵より来たりしが、この躰《てい》を見るより、殊《こと》に氣を焦《あせ》りけれども、平太郎が騒がざれバ、後止む事無く帰りける。
其《そ》れより平太郎も捨て置きて臥しけるに、彼の焼けしと見えし天井を見るに、何の跡も無かりけるとぞ。

其の夜、平太郎臥しけるに後、居間の内、何とやらん生臭く覚えしが、俄《にわ》かに水 湧《わ》き出て、鼻へも入るかと思はれ、頓《やが》て起きて見れば、一間の内に湛《たゝ》へてける。
後ハこれも潮《うしほ》の引く様《やう》に次㐧/\に消え失せしとなり。

【現代語訳】

 そういうわけで、七月二日行灯《あんどん》火を灯すと、火が長く燃え上がり、そのまま天井に燃え付くぐらいになりました。
 権八前日約束していたので、から平太郎の家に来ていたのですが、この様子を見ると、かなりパニくりました。
 しかし、平太郎騒がなかったので、収まらなかったのですが、権八はそのまま帰りました。
 それから平太郎も、はそのまま放っておいて、になりましたが、ふと焼けたはずの天井を見ると、何の跡残っていませんでした。

 その夜平太郎寝ていると、居間の中が何やら生臭く感じました。
 すると、急に湧き出て来て、平太郎に入るかと思われる勢いでした。
 すぐに起きて見ると、部屋中水で満たされていました。
 それから、これも潮が引くように、は徐々に消え失せたという事です。

【解説】

 二日目に起きたのは火と水の怪異です。

 平太郎は特に何をするわけでもなく、ただ怪異を放置しただけですが、ビビって帰った権八よりはずっとマシでしょうかねヾ(๑╹◡╹)ノ"

 ちょっと今回の怪異地味だったので、次回に期待しましょうヾ(๑╹◡╹)ノ"

 僕もよく地味だって言われるよヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(前回の答え合わせ)】

f:id:KihiminHamame:20211017180351j:plainf:id:KihiminHamame:20211018155331j:plain



【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(正解は次回発表)】

f:id:KihiminHamame:20211018160237j:plainf:id:KihiminHamame:20211018160240j:plain

 

◆インフォメーション

※北見花芽の中の人も少しだけ付録CDで担当しています。
※付録CDに『武太夫物語絵巻』(『稲生物怪録』)が収録されています。

北見花芽愛用のくずし字辞典です。

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w