うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

二十日目『稲生平太郎妖怪記』(『稲生物怪録』)

 

 

f:id:KihiminHamame:20211107142523j:plainf:id:KihiminHamame:20211107142516j:plain

f:id:KihiminHamame:20211107142528j:plainf:id:KihiminHamame:20211107142519j:plain

f:id:KihiminHamame:20211107142533j:plain
(中村平衛門からの使いの美女に化けた妖怪)

 新日本古典籍総合データベース
※この記事では、国文学研究資料館所蔵品の画像データを適時加工して利用しています。 (CC BY-SA 4.0)
※画像は拡大できます。

【原文】

廿日の夕方、中村平右衛門が家よりの使ひとて、美敷《うつくしき》女来りて、餅菓子を贈りける。
賤しき女なるに、物 嫋《たを》やかに麗《うるは》しき事、いと言ふべからず。
「誠に斯ゝる女も有りける物か」と心も惑ばさるゝばかり也。
然れば、平太郎、ふと心附き、然《さ》有らぬ躰《てい》に持て成しけるが、一ツ二ツ話し、やがて心無げに帰りける。
平太郎も其の跡を見送りしに、門に出て後ハ見失ひしと也。
跡にて調べけるに、隣に餅菓子を拵《こしら》へしが、重一つ見えざりける。
果たして、その重の内にて有りけるとぞ。
化け物の恐ろしくも巧みし事とて、ます/\慎ミ恐れける。
其の後も少しハ変わりし事有りしとなん。

【現代語訳】

 七月二十日の夕方中村平右衛門の家からの使いということで、美しい女贈り物として、平太郎の家餅菓子持って来ました。
 身分の低い女なのに、おしとやか美しく、とても言葉では言い表せないほどです。
 平太郎は、「このような美しい女が、本当にこの世いるとは」と、胸がドキドキしまくりました。
 しかし、平太郎は、ふと我に返って何とも思ってない様子もてなし、少しばかり話して、やがて何事もなく帰って行きました。
 平太郎帰る姿見送ったのですが、門を出てから先見失ってしまいました。
 あとで調べた所中村平右衛門の家では、隣への贈り物として餅菓子作ったのですが、餅菓子を入れた重箱がいつのまにか一つ無くなりました。
 まさしく、平太郎の所届けられたのは、その無くなった重箱だったということです。
 色仕掛け陥《おとしい》れようとする、化け物恐ろしくも巧妙な企《たくら》み明らかになり、平太郎はますます警戒して恐れました。
 そのあとも、平太郎の家では、少しばかり怪異があったそうです。

【解説】

 今度は色仕掛けを使って、平太郎陥れようとする化け物
 ほんと、手を変え品を変えですねヾ(๑╹◡╹)ノ"

 手応えがない判断したのか、あっさり帰って行きましたが、平太郎の神経を少しばかりはすり減らす効果あったみたいですね。

 そして、その後にあった、細かい怪異については、もはや内容を書きさえしないというねヾ(๑╹◡╹)ノ"

 うふん、三つ目美女よヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20211107142948j:plain

 

【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(前回の答え合わせ)】

f:id:KihiminHamame:20211106155406j:plain
f:id:KihiminHamame:20211107143333j:plain

【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(正解は次回発表)】

f:id:KihiminHamame:20211107143403j:plain   f:id:KihiminHamame:20211110214359j:plain            

 

◆インフォメーション

※北見花芽の中の人も少しだけ付録CDで担当しています。
※付録CDに『武太夫物語絵巻』(『稲生物怪録』)が収録されています。

北見花芽愛用のくずし字辞典です。

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ 
 多くの方に読んでいただきたいので、少しでも拡散してくださるとありがたいです。