うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

十八日目『稲生平太郎妖怪記』(『稲生物怪録』)

 

 

f:id:KihiminHamame:20211105144259j:plainf:id:KihiminHamame:20211105144252j:plain

f:id:KihiminHamame:20211105144304j:plainf:id:KihiminHamame:20211105144256j:plain

f:id:KihiminHamame:20211105144309j:plain
(天井に糸でくくられる畳 と 飛び歩く錫杖)

新日本古典籍総合データベース
※この記事では、国文学研究資料館所蔵品の画像データを適時加工して利用しています。 (CC BY-SA 4.0)
※画像は拡大できます。

【原文】

十八日朝、権八来たりし故、平太郎申す様《やう》ハ、「奥の間に行きて見給へ」と権八を誘《いざな》ひて見るに、居間の畳を悉《こと/\》く糸 以《も》て天井に括《くゝり》上ゲ置きしと也。
両人申し合はセ、「其の畳を下ろさん」とて、梯子《はしご》など設けし処に、其の畳、忽《たちま》ち一度に落ちける。
危うき事にて限り無く、驚きしとぞ。
その後ハ、敷物元の如くに敷き直して、権八ハ興を醒《さ》ましつゝ、帰りぬ。
夜に入りて、納戸の内より大い成る錫杖《しやくぢやう》、自《おの》づから出て、居間の内を彼方此方《あちこち》と飛び歩きけると也。

【現代語訳】

 七月十八日の朝権八が来たので、平太郎は「奥の間[居間]に行って見て下され」と言って、権八居間に導きました。
 権八が見てみると、居間の畳が全て、天井括《くく》り上げられていました。
 二人相談して、「この畳下ろそう」と、ハシゴなどを用意していると、その畳が突然全て落ちてきました。
 危うく畳の下敷きになる所で、危険極まりなく、二人はとても驚いたという事です。
 それから、敷物のように敷き直して、権八ドン引きして帰っていきました。
 になると、納戸の中から大きな錫杖《しゃくじょう》が勝手に出て来て、居間の中をアチコチ飛び歩いたという事です。

【解説】

 久々の権八登場ですが、敷物を敷き直しに来ただけで、またもやドン引きして帰って行きましたヾ(๑╹◡╹)ノ"
 天井に畳は、もはや怪異と言うより、嫌がらせのレベルに近くなってますねw

 錫杖《しゃくじょう》とは、修行者行脚《あんぎゃ》する時に持っている、ジャラジャラする鉄の杖《つえ》です。
 なんか錫杖を持ったモデルさんスタンバってるんで登場していただきましょう、モデルさんどうぞヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20211105145104j:plain

 

【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(前回の答え合わせ)】

f:id:KihiminHamame:20211104175812j:plain   
f:id:KihiminHamame:20211105145436j:plain

【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(正解は次回発表)】

f:id:KihiminHamame:20211105145530j:plain   f:id:KihiminHamame:20211105145532j:plain       

 

◆インフォメーション

※北見花芽の中の人も少しだけ付録CDで担当しています。
※付録CDに『武太夫物語絵巻』(『稲生物怪録』)が収録されています。

北見花芽愛用のくずし字辞典です。

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ 
 多くの方に読んでいただきたいので、少しでも拡散してくださるとありがたいです。