うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

三十日目その2『稲生平太郎妖怪記』(『稲生物怪録』)

 

 

f:id:KihiminHamame:20211123165329j:plainf:id:KihiminHamame:20211123165318j:plainf:id:KihiminHamame:20211123165306j:plainf:id:KihiminHamame:20211123165259j:plain

f:id:KihiminHamame:20211123165333j:plainf:id:KihiminHamame:20211123165323j:plainf:id:KihiminHamame:20211123165312j:plainf:id:KihiminHamame:20211123165302j:plain

f:id:KihiminHamame:20211123165338j:plain
(平太郎の氏神

 新日本古典籍総合データベース
※この記事では、国文学研究資料館所蔵品の画像データを適時加工して利用しています。 (CC BY-SA 4.0)
※画像は拡大できます。

【原文】

扨、其れより前に出し上下着たる男、ふと立ち出て申す様《やう》は、
「某《それがし》の名ハ山本《サンモト》五郎左衛門《ごろうざえもん》と申して、天下の魔王にて候《さふら》ふ也。
三界《さんがい》の國〻を廻りて、勇氣強き人の歳十六になるを誑《たぶら》かす事、打ち續きて、百の数を積もり候へバ、魔王の頭《かしら》と成《な》り申す也。
然るに、當時、我と同じく、其の業《わざ》を為《な》しける真野悪五郎《しんのあくごろう》と申す者有り。
是と共に彼の頭と成るの争ひを為し候ふ也。
然《さ》れバ、此の五郎左衛門ハ此の度《たび》、追《つい》に八十五人を續け申せども、八十六人に當たる其許《そのもと》を誑かす事能《あた》わず、此の故に、又改めて百の数を積もり申さでは、此の願叶ひ候はず。
誠に口惜しくは候へども、又〻思へば、其許の如く勇氣也ハ、実に世に稀《まれ》にて、今、其処《そこ》の勇氣を以て、彼の惡五郎にた比べ申さバ、悪五郎ハ劣り候ふ也。
又、其の手業《てわざ》とても、我が数積もりぬるにも及バず。
然《さ》あれバ、此の後、もし悪五郎當家に来るとも、其の時は五郎左衛門も同じく来りて、其許に力を合はせ、悪五郎、我が目の前に引き裂きて見せ申すべし。
其処の勇氣に我が手業を合わせ申さバ、悪五郎を退治する事ハ易く候」
など、平太郎勇氣、世に優れ、稀成る趣《おもむき》、委敷《くわしく》物語しける由。

其の時、平太郎ハ咄し聞きつゝ傍《かたへ》を見れバ、冠《かんむり》装束《しやうぞく》 厳《おごそ》かなりける人、半身現れて彼の五郎左衛門が物語 応《いら》へせられしとぞ。
「是は氏神なるべし」と申しける。
彼の男、物語済みて、「今夜を限りに帰りける」由、申しぬ。

【現代語訳】

 さて、それから、先ほどの裃《かみしも》を着た男が、ふと出て来て

私の名前山本五郎左衛門《さんもとごろうざえもん》と申して、天下の魔王である。

 あらゆる国々巡って強い勇気を持つ十六歳の人間を、続けて百人たぶらかす[騙《だま》して惑《まど》わす]ことができれば魔王の中のボスになれる。

 ところが、今、同じくこのチャレンジをしている、真野悪五郎《しんのあくごろう》と申すがいる。

 こいつは、魔王のボスになる争いをしている。

 そういうわけで、この五郎左衛門は、この度、ついに八十五人連続たぶらかすことに成功したのだが、八十六人目に当たるお前たぶらかすことが出来なかった。

 連続たぶらかせなかったので、カウントになり、はまた改めて最初からもう一度、百人たぶらかすチャレンジやり直して達成しなければ、魔王のボスになる願い叶えることができない

 とても残念ではあるが、よくよく考えると、お前のように勇気がある人間は、非常に世の中で珍しく、今、お前の勇気をもって悪五郎勝負をすれば、悪五郎の方が劣っているであろう。

 また、悪五郎の魔力も、がこれまで積み重ねてきたものに到底及ばない

 なので、今後、もし悪五郎この家来たとしても、その時同時来てお前合わせ目の前悪五郎引き裂いてみせよう。

 お前の勇気私の魔力合わせれば、悪五郎退治することは簡単だ」

 などと、平太郎の勇気が、この世でも優れて珍しいということを、詳しく話したのでした。

 その時平太郎聞きながら見ると、装束からし威厳《いげん》のある人が、半身だけ現れて、この五郎左衛門の話反応していました。

「これはお前の氏神であろう」と五郎左衛門言いました。

 そして、五郎左衛門話し終わり、「今夜最後帰ることにする」と言いました。

【解説】

 男の正体は、山本五郎左衛門《さんもとごろうざえもん》という魔王でした!!!

 いやあ、この時代から、ドラクエみたいに、最後出て来るのは魔王だったんですね(笑)

 魔王はただでさえ、魔物[妖怪][ボス]なのですが、どうやら魔王一人ではないようで、魔王の中のボスを決める争い行われているようです。
仏道修行を妨げる悪魔の王、第六天魔王《だいろくてんまおう》のことも魔王と言う。織田信長はこの第六天魔王を名乗った。

 魔王の中のボスになる条件は、十六歳の男子百人続けてたぶらかす事。


 十六歳はちょうど元服するあたりの年齢で、一番ピチピチしている時期の男性を狙ったチャレンジなんでしょうね。

 平太郎に対して、ひと月の間、数々の怪異起こしたのは、魔王の中のボスになるチャレンジの一環だったわけです。

 というか、平太郎何回たぶらかされていたような気がしますが、魔王基準では、たぶらかした内入らなかったんでしょうね(笑)

 その山本五郎左衛門魔王のボスを争うライバル真野悪五郎《しんのあくごろう》

 魔王の名前には「五郎」入れるという決まりがあるのでしょうか?(笑)

 そして、今更現れる平太郎の氏神最初から出て来て平太郎守ってやってくださいよ!(笑)

「魔王《まおう》」じゃなくて、「阿呆《あほう》」って呼ばれるよヾ(๑╹◡╹)ノ"

「たぶらかす」ことはしないけど、「油かす」食べるよヾ(๑╹◡╹)ノ"

【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(前回の答え合わせ)】

f:id:KihiminHamame:20211123171806j:plainf:id:KihiminHamame:20211123171809j:plainf:id:KihiminHamame:20211123171813j:plain

【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(正解は次回発表)】

f:id:KihiminHamame:20211123171904j:plain   f:id:KihiminHamame:20211123171907j:plain                   

 

◆インフォメーション

※北見花芽の中の人も少しだけ付録CDで担当しています。
※付録CDに『武太夫物語絵巻』(『稲生物怪録』)が収録されています。

北見花芽愛用のくずし字辞典です。

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ 
 多くの方に読んでいただきたいので、少しでも拡散してくださるとありがたいです。