うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

7-赤本再興〇花咲き爺(花咲かじいさん) ~江戸時代の絵本~

 

 


『赤本再興《あかほんさいこう》〇花咲き爺《じじ》』[式亭三馬補綴、歌川国丸画、文化九(一八一二)年刊]
※この記事では、国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しています。
赤本花さき爺 - 国立国会図書館デジタルコレクション
花咲ぢゝ 3巻 鰻谷劇場条書 3巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション

【原文】

①「彼の臼にて法事の餅を搗《つ》き、福犬が追善供養せん」と、思いの外《ほか》、杵《きね》を当つると等しく、金銀銭ハ言ふに及ばず、金襴緞子《きんらんどんす》、綾錦《あやにしき》、様/゛\の品/\、臼より出る。

②「是ハ不思議な事かな。婆殿《ばゞあどの》、喜ばしやれ」

③「是も福犬が夢枕に言ふた通り、此方《こちら》夫婦を守手《まもるで》かなあろぞいの」

④慳貪爺《けんどんぢゞ》が夫婦の者、此の体《てい》を見て羨《うらや》ましがる。

⑤「あの夫婦ハ面妖《めんよう》、宝を得る手合《てや》いぢや。憎てらしい」

⑥「隣の家《うち》ハあの通りで御座るハいの。扨《さ》ても/\、けなるい事じゃ」

【現代語訳】

「この法事用の餅をついて、福犬追悼供養をしよう」と、正直じじは、杵《きね》を振り下ろしてに当てました。すると、思いもよらぬことに、お金はもちろんのこと、高価な織物衣装など、様々な宝物が、からでてきました。

②正直じじ「これは不思議なことだ。ばばあ殿喜びなされ」

③正直ばば「これは福犬夢枕で言った通り、ワシら夫婦守ってくれているのですなあ」

④慳貪夫婦は、この様子を見て、羨《うらや》ましがりました。

⑤慳貪じじあの夫婦は、どういうわけか、宝物ゲットできるやつらだ。憎たらしい

⑥慳貪ばば隣の家はあのように宝物ゲットするんじゃのう。なんとまあ、羨ましいことじゃ」

【解説】

福犬が埋められた松の木で作ったから、宝物がどんどん出てきます。

が、しっかりと隣の慳貪夫婦見られてしまったので、はい、もう次の展開お分かりですねヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

つくと、お宝じゃなくて、変な声でるよヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

 

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
5月3日は北見花芽の誕生日ヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

※北見花芽の中の人も少しだけ付録CDで担当しています。
※付録CDに『武太夫物語絵巻』(『稲生物怪録』)が収録されています。

北見花芽愛用のくずし字辞典です。

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ 
 多くの方に読んでいただきたいので、少しでも拡散してくださるとありがたいです。