うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

[3]怪談「牡丹灯籠」(『伽婢子』より)~荻原は美女に心を奪われたのでした~

 

 


『伽婢子《おとぎぼうこ》』[浅井了意作、寛文六(一六六六)年刊]巻三の三「牡丹灯籠」
国文学研究資料館所蔵 (CC BY-SA) 
新日本古典籍総合データベース

【原文】

 芙蓉《ふよう》の眥《まなじり》、鮮やかに、楊柳《やうりう》の姿、嫋《たを》やか也。
 桂《かつら》の眉墨《まゆずミ》、緑の髪、言ふばかり無く艶《あで》やかなり。
 荻原、月の下《もと》に是《これ》を見て、
「是ハそも、天津少女《あまつをとめ》の天下《あまくだ》りて、人間に遊ぶにや、龍の宮の乚姫《をとひめ》の渡津海《わだつうミ》より出て、慰《なぐさ》むにや、誠に人の種《たね》ならず」
 と覚えて、魂飛び、心浮かれ、自ら抑《おさ》へ留《とゞ》むる思ひ無く、愛《め》で惑《まど》ひつゝ、後ろに従ひて行《ゆ》く。
 前《さき》になり、後《あと》になり、艶《なま》めきけるに、一町《いつちやう》バかり西の方にて、彼の女、後ろに返り見て、少し笑ひて言ふ様《やう》、
「自《ミづか》ら人に契りて待ち侘《わ》びたる身にも侍らず。
 只《たゞ》、今宵の月に憧《あこが》れ出て、漫《そゞ》ろに夜更け方、帰る道だに凄《すさ》まじや。
 送りて給《た》べかし」
 と言へば、

【現代語訳】

 は、蓮の花のような目元鮮やかで、のような姿しなやかでした。
 三日月のように描いた眉《まゆ》ツヤのある黒髪は、言うまでも無く、美しく上品です。
 荻原は、月の下この女見て
「それにしても、これは天女から降りて来て、人間の世界遊びに来たのか、龍宮乙姫大海から出て、楽しんでいるかのようだ。
 とても人間から生まれたとは思えない美しさだ」
 と思いました。
 そして、荻原飛び浮かれて、自制心もなくなり、すっかりメロメロになって、女の後ろ付いて行きました。
 に行ったり、後ろ行ったりして、なにげにアピールしていると、一町《いっちょう》[約一〇九メートル]ぐらい西まで行った所で、その女後ろ振り返り、少し笑って
には約束したがいて、ずっと待っていたわけではありません。
 ただ、今夜の月惹《ひ》かれて、なんとなくに出たら、すっかり夜が更けてしまったのです。
 だけでは帰り道怖いので、どうかまで送ってくださいませんか」
 と言いました。

【解説】

 あらまあ、荻原さん亡き妻のことはすっかり忘れて、美女を一目見てメロメロになり、ストーキング始めてしまいます。
 女性ストーキング気づいたようですが、まんざらでもないようで、まで送ってくれるように頼みますが、、、。
 やっぱ、この美女怪しいですよね。
 弱っている人の心に、物の怪入り込むと言いますからねえ。。。

 挿絵美女振り返って荻原を掛ける場面です。
 塗ってありますが、これは元の持ち主落書きです。

 夜中色気振りまいて歩いていると、みんな叫んで逃げてくんだけど、何でだろう???ヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目のLINEスタンプ、発売しました!
store.line.me

 

 

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング