うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

[6]怪談「牡丹灯籠」(『伽婢子』より)~荻原の家から毎晩若い女の声がする~

 

 


『伽婢子《おとぎぼうこ》』[浅井了意作、寛文六(一六六六)年刊]巻三の三「牡丹灯籠」
国文学研究資料館所蔵 (CC BY-SA) 
新日本古典籍総合データベース

【原文】

 名乗るに付けてハ、恥づかしくも悲しくも侍る也」
 語りける言葉優しく、物腰 清《さや》かに、愛敬《あいぎやう》有り。
 既に横雲棚引きて、月、山の端《は》に傾《かたぶ》き、灯火《ともしび》白《しろ》う微《かす》かに残りければ、名残《なごり》尽きせず起き別れて帰りぬ。
 其れよりして、日、暮《く》るれバ来たり、明け方にハ帰り、夜毎《よごと》に通ひ来る事、更に其の約束を違《たが》えず。
 荻原《おひハら》ハ心惑ひて、何はの事も思ひ分けず、只、此の女の理無《わりな》く思ひ交して、
「契りハ千世《ちよ》も変ハらじ」
 と通ひ来る嬉しさに、昼《ひる》と雖《いへど》も又、異人《ことひと》に逢ふ事無し。
 廿日《はつか》余りに及びたり。
 隣《となり》の家に良く物に心得たる翁《おきな》の住ミけるが、
「荻原が家に怪《け》しからず、若き女の声して、夜毎に哥歌ひ、笑ひ遊ぶ事の怪しさよ」
 と思ひ、

【現代語訳】

 このように名乗るのは、恥ずかしくもあり、悲しくもあります」
 と語りました。
 女の言葉優しく、物腰爽《さわ》やかで、愛嬌《あいきょう》がありました。
 すでに明け方東の空に、横に長く漂《ただよ》い山の端沈みかけ、灯火《ともしび》白くなって今にも消えそうなので、名残《なごり》惜しくはあるものの、起き別れ帰って行きました。
 それから日が暮れると、荻原の家やってきて明け方には帰るようになりました。
 毎夜、全く約束破ることなく、は必ず通って来ました。
 荻原心が乱れて、どんなことも分別がつかなくなり、ただこの女の事をひたすら思い続けました。
私たち親密な関係は、千年先の世までも、ずっと変わらないでしょう」
 と言って通ってくるのが嬉しすぎて、荻原はたとえ昼間であっても、女以外にも会うことありませんでした。
 この状態二十日あまり続きました。
 荻原の隣の家に、物事を良く知るお爺さん住んでいました。
 お爺さんは、
荻原殿の家から、謎の若い女の声がして、毎晩歌歌い笑って楽しんでいるようじゃが、これはどう考えてもおかしい
 と思いました。

【解説】

 はい、美女毎晩必ず、荻原さんの家通ってくるようになりました。

 完全荻原さん美女メロメロですヾ(๑╹◡╹)ノ"
 さすがに、隣のお爺さんは、荻原さん家異変気付いたようで、はてさて、どうなるのやら。

 三つ目の部屋から、夜な夜な若い女の声がする!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 ごめん、美少女育成ゲームやってたヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目のLINEスタンプ、発売しました!
store.line.me

 

 

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング