うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

家政婦じゃなくてキツネは見た! ~『玉水物語』その2~

スマニュー砲???
なにそれ?おいしいの?


f:id:KihiminHamame:20190124184332j:plainf:id:KihiminHamame:20190124184338j:plain
f:id:KihiminHamame:20190124184342j:plainf:id:KihiminHamame:20190124184346j:plain
玉水物語 2巻 | 京都大学貴重資料デジタルアーカイブ
※この記事では、京都大学貴重資料デジタルアーカイブの画像を、適宜改変して使用しています。

翻刻

てならすおほしかしつきて犹さりハかりハいたハしく
覚しめし御ミやつかへにや出したてんとおほす御心
さまゆふにやさしくおハしませハせんさいの花とも吹
ミたれ四方の山邊の霞ワたりいとおもしろきを
ある夕くれに御めのとごの月さへと申女房たゝ獨
御ともにて花そのへ立出給ひつゝ花にたハむれなに
心なく遊ひ給へり此あたりにハきつねと申ものおほく
すミけるところなりおりふし此花そのにきつねひとつ
侍りしか姫君を見奉りあな美しの御姿やせめて時
々もかゝる御在様をよそにても見奉らハやと思て木陰ニ
立隠てしつこゝろなく思ひ奉りける社あさましけれ

赤字予習答えです。

【現代語表記】

[父母、並べ]てならず思(おぼ)し傅(かしず)きて、猶(なお)ざりばかりは労(いたわ)しく覚し召し、「御宮仕えにや出し立てん」と思(おぼ)す。
御心様(こころざま)、優(ゆう)に優しく御座(おわ)しませば、前栽(せんざい)の花ども吹き乱れ、四方の山辺の霞み渡り、いと面白きを、ある夕暮れに御乳母(めのと)子の月冴(さ)えと申す女房ただ独り御供にて花園へ立ち出で給いつつ、花に戯(たわむ)れ、何心無く遊び給えり。
此の辺りには狐と申す物多く住みける所なり。
折節、此の花園に狐一つ侍(はべ)りしが、姫君を見奉(たてまつ)り、
「あな美しの御姿や。せめて時々もかかる御在様(ありさま)を他所(よそ)にても見奉らばや」
と思いて、木陰に立ち隠れて、静心(しずごころ)無く思い奉りけるこそ、浅ましけれ。

【さっくり現代語訳】

 両親は、姫君タダ者ではないとお思いになって大切になさいました。
 そして、
「このままここに置いておくのはもったいない。宮仕え天皇などの高貴な方に仕えること]にでも出そう」 
 と計画なさるのでした。

 姫君はとても優美な心をお持ちになっておられました。
 庭の花が咲き乱れ、四方を囲むの辺りに霞(かすみ)が立ち込めるのを、たいそう風流だとお感じになったので、ある日の夕暮れ乳母(うば)子供月冴(さ)えという女房[侍女]を一人だけお供に召し連れ、花園へお出かけになりました。
 そして、を愛でて無邪気にお遊びになったのでした。

 この辺りはキツネというケダモノが多く住んでいる所でした。
 ちょうどその時、この花園キツネが一匹いたのですが、たまたま姫君お姿を見てしまい、
「ああ、なんて美しい姫君でしょう。せめて、時々でもいいから、このお姿ほかの場所でもまた拝見したいものだ」
 と、木陰(こかげ)に隠れて、ドキドキしながら思いを募らせたのは、のび太ケダモノのくせに生意気だぞ! ほんと、みっともないというか、あきれたことでございます。

【解説】

「折節、この花園に」からがセンター試験で出題された箇所です。

キツネさえも一目惚れしてしまうほど美しい姫君

主人公キツネが登場して、物語がいよいよ展開し始めるようですね。

挿絵花園でたわむれる姫君月冴えを見ているキツネですね。

大きく描かれている左側の女性が姫君で、右が月冴えかな?

というか、この挿絵、あんまり上手じゃないですよね!

何か、花園じゃなくて木に花が咲いてるし!

正直、もあんまり上手くない気がします。

ひょっとしたらお子様写した本かもしれないですね。

次回の予習

キツネの嘆きです。
f:id:KihiminHamame:20190124184643j:plainf:id:KihiminHamame:20190124184648j:plain

三つ目コーナー

僕も北見花芽の事をいつも隠れて見ているよ♪

お願いだからやめて下さい。

 

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳が発売されました♪

北見花芽の中の人
もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから、お買い求めくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w