うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

易占トリックなお話 その1 ~『宇治拾遺物語』より~

f:id:KihiminHamame:20200320201735j:plain

f:id:KihiminHamame:20200320201740j:plain
※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。
和文教科書. 7之巻 宇治拾遺物語ぬきほ - 国立国会図書館デジタルコレクション

翻刻

 易の卜ひして、金取り出だす事、
旅人の、宿求めけるに、大きやかなる家の、あばれ
たるが、有りけるに、よりて、こゝに、宿し給ひてん
やと、いへば、女聲にて、よきこと、宿り給へと、いへば、
みな、おり居にけり。屋おほきなれども、人の有りげ
もなし。たゞ、女一人ぞ有るけはひしける。かくて、夜、
明けにければ、物くひしたためて、出でゝ行くを、此
家に在る、女、出で来て、え出で在せじ、止まり給へ
と、いふ。こは、いかにと問へば、おのれが金、千両おひ
給へり。其辨へしてこそ、出で給はめといへば、此旅
人ずんざども、笑ひて、あら、しやさんなめりと、いへ
ば、此旅人、しばしといひて、また、おり居て、皮匣を、
請ひよせて、幕引きめぐらして、しばしばかりあ
〈よきこと、此下◆には、なりと、い◆ふべきを省け◆り。〉
〈あらしやさん◆なめり。此は、當◆時の俗語にて、◆あら不思議な◆どいふ意ばへ◆の、語なるべし。〉

【現代語表記】

 易の卜《うらな》いして、金取り出《い》だす事、
旅人の、宿求めけるに、大きやかなる家の、荒《あば》れたるが、有りけるに、寄りて、「此処《ここ》に、宿し給いてんや」と、言えば、女声にて、「良き事、宿り給え」と、言えば、皆、下《お》り居にけり。
屋大きなれども、人の有りげもなし。
ただ、女一人ぞ有る気配しける。
かくて、夜、明けにければ、物食い認《したた》めて、出でて行くを、此の家に在る、女、出で来て、「え出で在《あら》[おわ?]せじ、止まり給へ」と、言う。
「こは、如何《いか》に」と問へば、「己《おのれ》が金、千両負い給えり。其の弁《わきま》えしてこそ、出で給わめ」と言えば、此の旅人|従者《ずんざ》共《ども》、笑いて、「あら、汝《しゃ》、讒《ざん》なめり」[?]と、言えば、此の旅人、「しばし」と言いて、また、下り居て、皮匣《かわご》を、請い寄せて、幕引き巡らして、しばしばかりあ
※「良き事」、此の下には「なり」と、言うべきを省けり。
※「あらしやさんなめり」。此れは、当時の俗語にて、「あら不思議」など言う意延《こころば》えの、語なるべし。

【現代語訳】

「易の占いをして、お金を取り出す話」
 ある旅人一行今夜宿にする所を探していると、荒れ果てた大きな家がありました。
 そこに立ち寄って、「ここに一晩泊めてくださいませんか」と言うと、女性の声で「良いですよ、お泊り下さい」と言うのが聞こえたので、から降りてに入りました。
 大きな家でしたが、が居なさそうで、その女性一人しか居る気配がありませんでした。
 そして、が明けたので、旅人一行食事をして、出て行こうとしました。
 すると、この家に居る女性が出て来て、「出て行かれてはなりません、お止まりなさいませ」と言いました。
「これは一体、どういうことですか?」と旅人が聞くと、女性は「あなたからお金千両借りています。その返済をしてからお出になってください」と言いました。
 おかしなことを言うので、この旅人お供の者たちは笑って、「やい、お前、変な言いがかりはやめろ」と言いました。
 しかし、この旅人は、「少しお待ちを」と言って、出て行こうとして乗っていたから降り、荷物を持ってこさせて、を張りました。
 しばらくしてから、

【解説】

 今回から、id:toikimitoikimiさんと、id:bob0524さんリクエスで、「易の卜ひして、金取り出だす事」を読んで行きますヾ(๑╹◡╹)ノ"

「易の占い」、つまり「易占《えきせん》」とは、すごく簡単に言うと、易経に基づいた占いで、みたいな筮竹《ぜいちく》と言うをジャラジャラ使って行う占いの事です。
「当たるも八卦、当たらぬも八卦ってやつですヾ(๑╹◡╹)ノ"

 旅人が、女性一人だけが住んでいる大きなあばら家に泊まるわけですが、いくら泊まる所を探していたからといって、そんないかにも怪しい家によく泊まろうと思ったものですヾ(๑╹◡╹)ノ"

 そして、案の定、この女性ワケの分からんことを言い出すわけですが、この女性がおかしいのか、それとも???ヾ(๑╹◡╹)ノ"

三つ目コーナー

今日は北見花芽の家に泊めてよヾ(๑╹◡╹)ノ"

泊めるも何も、ずっと居候してるじゃねえか!ヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
引き続き、しつこくバレンタインデー仕様でございますヾ(๑╹◡╹)ノ"
ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売されました♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆先日のYouTubeの件は、もう一つのブログの方にまとめておきました。

myougirl.hatenablog.com

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w