うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

江戸時代の金太郎の絵本 その1

というわけで、『金草鞋』の続きをやろうと思ったのですが、ちょっとした手違いで、『金太郎』をやることにしました。
まあ、「金」つながりだから、ノープロブレムでしょうヾ(๑╹◡╹)ノ"

金太郎と言えば、名前は知っているのに、どういうお話か知らないランキング第一位の話です、たぶんヾ(๑╹◡╹)ノ"
国会図書館デジタルコレクションにあった江戸時代の金太郎絵本を読みますよヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20200612211648j:plain
金太郎 - 国立国会図書館デジタルコレクション

※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。

ただ、これは刊本じゃなくて、写本[手書きの本のこと]ですヾ(๑╹◡╹)ノ"
国会図書館デジタルコレクション書誌情報によりますと、歌川国芳による版下本[原稿]だそうですヾ(๑╹◡╹)ノ"
実際に出版されたかどうかは分かりませんヾ(๑╹◡╹)ノ"

まあ、つべこべ言わずに読んで行きましょう。

この本、とても読みやすい字で書かれているので、『金草鞋』冒頭の所で勉強したをつけましたので、復習がてら読んでみてはいかがでしょうかヾ(๑╹◡╹)ノ"
kihiminhamame.hatenablog.com

f:id:KihiminHamame:20200612211822j:plain

答え合わせヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20200612211847j:plain

今回覚えておいていただきたいのは、「き」[「記」のくずし]ですヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20200612211907j:plain

翻刻

快童丸《くハひどうまる》
お子◆さま◆がた◆ハ
金◆太良◆と◆いひ◆給ふ

むかし/\ミなさまおなじみの
らいくわうの四てんわうの
一人ふるつハものゝかしら
ぶんさかたのきんときハ
もといづのくにあし
がら山のさんなり
ちゝもなくはゝハ
神《しん》とまじハり
くハいたいし十三月
にしてうまれつゝ
うまれいでたる
ときはをせうし
かたちおほひにして
せいちやうにしたがひ
ちからあくまでつよく△

【現代語表記】

快童丸《かいどうまる》、お子様方は金太郎と言い給う。

昔々、皆様御馴染みの頼光《らいこう》の四天王《してんおう》の一人、古兵《ふるつわもの》の頭分《かしらぶん》、坂田金時《さかたのきんとき》は元伊豆国《いずのくに》足柄山《あしがらやま》の産なり。
父も無く、母は神《しん》と交わり懐胎《かいたい》し、十三月にして生まれつつ、生まれ出でたる時歯を生じ、形大いにして、成長に従い力、飽迄《あくまで》強く△

【現代語訳】

快童丸《かいどうまる》お子ちゃまたち金太郎とおっしゃいますね。

昔々のお話です、みなさんご存知の頼光四天王《らいこうしてんのう》の一人で、四人の戦いに慣れた武者たちのボス格、坂田金時《さかたのきんとき》[幼名が快童丸及び金太郎]は、元々伊豆国静岡県足柄山《あしがらやま》の生まれです。
はおらず、と交わって身ごもり、快童丸[金太郎]十三ヶ月妊娠期間で生まれました。
生まれた時に既にが生えており、はとても大きく、成長するにつれてはとてつもなく強くなり、

【解説】

f:id:KihiminHamame:20200612212004j:plain

今は金太郎とのみ呼ばれていますが、当時は快童丸[怪童丸]という呼び方も主流でした。
後に頼光四天王の一人、坂田金時となるわけですが、はい、ここで宿題です、頼光四天王の四人は誰か次回までに調べておいてくださいね、特に答え合わせはしませんがヾ(๑╹◡╹)ノ"
山姥って言われることが多いですが、この作品では、そうだと明記はされていませんね。

三つ目コーナー

たんたんたぬきの

太郎!!! 

危ねえ!
玉って言ったらバンされるとこだったぞ!

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

「武士編」好評発売中です♪
全訳 男色大鑑〈武士編〉

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 
男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w