うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

⑤五つの女のドクロの謎 ~①西村本「不思議は妙、妙は不思議」『御伽比丘尼』~

 

f:id:KihiminHamame:20210518114123j:plain

今回は、西村市郎右衛門作『御伽比丘尼《おとぎびくに》』[貞享四(一六八七)年刊]巻四の五「不思議は妙、妙は不思議」というお話紹介します。

あれ?ドクロの謎はどうなったの?

西村市郎右衛門は、井原西鶴同時代の作家で、『御伽比丘尼怪談話を集めた短編小説集です。

ねえ、人の話を聞いてよ!

お前じゃない、妖怪だヾ(๑╹◡╹)ノ"

※下に現代語訳と解説があります。

f:id:KihiminHamame:20210518111816j:plainf:id:KihiminHamame:20210518111822j:plain

f:id:KihiminHamame:20210518112046j:plainf:id:KihiminHamame:20210518112052j:plain

f:id:KihiminHamame:20210518112224j:plainf:id:KihiminHamame:20210518112230j:plain
西村市郎右衛門『御伽比丘尼』[貞享四(一六八七)年刊]
御伽比丘尼 5巻. [4] - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では、国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しています。

翻刻

㊄ 不思議ハ妙《めう》妙ハ不思議 付百物語

むさしのある邊に何がしとかやいへる士あり。老苦《らうく》心ならず。名跡《みやうせき》ハ
息《そく》にゆづりあたへて世事をしらず遁《のかれ》居て。心をやすくわ
たれり。時しも秋の雨《あめ》窓《まと》にかよひ虫のかれ聲やゝ哀に淋《さひ》し
き夕《ゆふへ》戸《と》を音づるゝあり。怪《あやし》荻《をき》の上風にやと見れバ。日比隔《へだて》な
き二三 子《し》の友《とも》とふらひ来れり。八重葎《やえむぐら》さしこもりにし柴
の戸に珍《めづら》しの御たづね。先こなたへと一 間《ま》なるかたによりゐて。
こしかた語《かた》りつゝくれハ。猶 雨《あめ》しきりに軒に玉なして何
となく世上 静《しつか》なるに。ひとりのいひ出る。かく打よりたるつゐで
おもしろきに。いざ百物がたりして。昔《むかし》よりいひし怪《あやしミ》ありや

なしや心ミなんといへバ。人/\尤《もつとも》とこぞりよりぬ。

【現代語表記】

㊄「不思議は妙《みょう》、妙は不思議 付けたり百物語」

 武蔵のある辺りに、何がしとかや言える士あり。
 老苦《ろうく》心ならず、名跡《みょうせき》は息《そく》に譲り与えて、世事《せじ》を知らず遁《のが》れ居て、心を安く渡れり。
 時しも秋の雨《あめ》、窓《まど》に通い、虫の嗄《か》れ声、やや哀れに淋《さび》しき夕《ゆうべ》、戸《と》を音ずるる在り。
「怪《あや》し荻《おぎ》の上風《うわかぜ》にや」と見れば、日頃 隔《へだ》て無き二三 子《し》の友《とも》訪《とぶら》い来たれり。
「八重葎《やえむぐら》鎖《さ》し籠《こ》もりにし柴の戸に、珍《めずら》しの御訪《おたず》ね、先《ま》ず此方《こなた》へ」
 と一間《ひとま》なる方に寄り居て、来《こ》し方 語《かた》り続くれば、猶《なお》雨 頻《しき》りに軒に玉なして、何となく世上《せじょう》静《しず》かなるに、一人の言い出る。
「かく打ち寄りたる序《つい》で面白きに、いざ百物語して、昔《むかし》より言いし怪《あやし》しみ、有りや無しや心みなん」
 と言えば、人々「尤《もっと》も」と挙《こぞ》り寄りぬ。

【現代語訳】

巻四の五「不思議は妙《みょう》、妙は不思議(副題・百物語)」

 武蔵国[東京・埼玉・神奈川東部]ある所〇〇とかいう武士が居ました。

 老いを感じたので、家督息子に譲り、世俗から離れて隠居し、心穏やかに過ごしていました。

 は、秋の雨を打ち、虫のしわがれ声が、少しはかなく淋しい夕方戸を叩く音がしました。

 〇〇は、

だな、荻《おぎ》を吹く風の音かな?」

 と思い見てみると、日頃から親しくしている二、三人の友が訪ねてきたのでした。

雑草が生い茂ってを閉ざした粗末な家に、珍しい方ご訪問、さあさあ、まずはこちらへ」

 と、〇〇一室に通して集まり、これまでのことなどを語り続けていると、まだはしきりにのようにを打ち、他の音が聞こえず、なんとなくあたりが静かに感じました。

 すると、友の一人が、

「このように楽しく集まっていい機会だから、この際、百物語でもして、から言い伝えられている怪奇現象が起きるかどうか試してみないか」

 と言い出しました。

「それはいい」と、みんな乗り気になりました。

 【解説】

 武蔵国とある隠居した武士の元に、友人が訪ねて来て、百物語をすることになります。

 百物語が終わった後に怪奇現象が起きると、から言われているので、それが本当確かめようというわけです。

「妙」って聞こえたけど呼んだ?ヾ(๑╹◡╹)ノ"
妙なのミョウ・ガール カテゴリーの記事一覧 - 魅惑的!お煎チ~ズ!

んもう、三つ目だけで手いっぱいなのに、また何か変なの出て来たヾ(๑╹◡╹)ノ"

(何で「何がし」「世上静か」赤字にしてあるんだろ?

 北見花芽この作品取り上げたのには必ず意味があるはずだから、次回以降、それを推理しながら読み進める必要がありそうだね)

 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

  • 発売日: 2018/01/26
  • メディア: 単行本
 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 5月3日は北見花芽の誕生日♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション 

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「武士編」及び「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

  • 発売日: 2018/12/17
  • メディア: 単行本
 
全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

  • 発売日: 2017/08/31
  • メディア: 単行本
 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w