うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

[1]江戸時代に読まれた一寸法師 ~一寸法師誕生~

 

 

「定番の昔話が江戸時代にはどう書かれていたか?」シリーズヾ(๑╹◡╹)ノ"

 今回は、一寸法師です。

 ここで取り上げるのは、江戸時代セット刊行された、いわゆる「渋川版御伽草子一編で、おそらく、今普及している「一寸法師元になった作品だと思われます。

 ちなみに、以前取り上げた「浦島太郎」渋川版のものです。
kihiminhamame.hatenablog.com

 渋川版の「一寸法師御伽草子では、あまりにもベタな作品で、すでにやりつくされている感がありますが、まあ、リクエストも多かったことですし、こういうのも、たまにはいいかなと(笑)

 なるべく北見花芽らしい現代語訳と解説になるよう頑張ります(笑)


御伽草子. 第19冊 (一寸法師) - 国立国会図書館デジタルコレクション
※この記事では、国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜加工して使用しています。

【原文】

 中頃の事なるに、津の国《くに》難波《なには》の里に、祖父《おうぢ》と姥《うば》と侍《はんべ》り。
 姥四十に及ぶまで、子《こ》の無き事を悲しミ、住吉に参り、無き子を祈り申すに、大明神《だいミやうじん》哀れと思し召して、四十一と申すに、直《たゞ》ならずなりぬれば、祖父喜び限り無し。
 やがて十月《とつき》と申すに、美《いつく》しき男《お》の子を設《まう》けけり。


【現代語訳】

 少し昔のことですが、摂津国難波《せっつのくになにわ》の里大阪府に、おじいさんおばあさんがいました。
 おばあさんは、四十歳になるまで子どもがいないことを悲しみ住吉大社参詣《さんけい》し、「子どもがいないので、子どもを授けてください」と祈りました。
 住吉大明神かわいそうに思い、その願い叶えおばあさん四十一歳の時に懐妊したので、おじいさんはとても喜びました。
 やがて十か月が経《た》ち、端正《たんせい》で可愛らしい男の子生まれました。

【解説】

 今回は、物語の冒頭一寸法師誕生するまでです。

 一寸法師大阪出身なんですね、コテコテの大阪弁話したんですかね?(笑)

 それにしても、四十歳爺さん婆さん扱いとは。。。

 

 うわあん、四十歳になったら、爺さんって呼ばれるのかなあヾ(๑╹◡╹)ノ"

 いや、お前三百歳だから、とっくに爺さん、というか、もう爺さんってレベルじゃないだろうが。。。

 

 

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 
5月3日は北見花芽の誕生日ヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション

※北見花芽の中の人も少しだけ付録CDで担当しています。
※付録CDに『武太夫物語絵巻』(『稲生物怪録』)が収録されています。

北見花芽愛用のくずし字辞典です。

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ 
 多くの方に読んでいただきたいので、少しでも拡散してくださるとありがたいです。