うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

アメ尽くし ~『金草鞋』巻3「黒谷光明寺」その1~

次はどの作品を取り上げるか、みなさまからのリクエスト一覧を眺めながらウンウン考えております。

とりあえず、繋ぎとして、こないだも取り上げました『金草鞋』「黒谷光明寺のページでも。 kihiminhamame.hatenablog.com

f:id:KihiminHamame:20181101220226j:plainf:id:KihiminHamame:20181101220236j:plain
『方言修行 金草鞋(むだしゅぎょう かねのわらじ)』三編(文化10[1813]年、喜多川月麿画)
※この記事では、国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しております。
金草鞋. 3編 - 国立国会図書館デジタルコレクション
※画像はクリックすると拡大します。

今日は右のページを読んでみる事にします。

f:id:KihiminHamame:20181101220327j:plainf:id:KihiminHamame:20181101220336j:plain

f:id:KihiminHamame:20181101220347j:plainf:id:KihiminHamame:20181101220351j:plain

f:id:KihiminHamame:20181101220402j:plainf:id:KihiminHamame:20181101220407j:plain

f:id:KihiminHamame:20181101220411j:plainf:id:KihiminHamame:20181101220415j:plain

f:id:KihiminHamame:20181101220421j:plainf:id:KihiminHamame:20181101220425j:plain

 翻刻

それよりしんによどう◆にまいりていなかミち◆
をたどり/\くろだにゝ◆いたりけるこゝハしうん山◆
くハうめうじといふけいだいを◆まハり見るにくまがへどうと◆
いふありいろくろきほうしの◆いたりけれバ
狂 日にやけし◆ほうしのかほの黒谷は◆
くまがへどうをまもる◆なりけり
あめうり
「なんじやいこの子ハあめを◆たゞくれいといふのかあめす◆
ぎたやつじやそのやうな◆あめへたれたことをいハずと◆
うちへいんであめいにぜにを◆もろうてきさんせ◆
あめだのひかりもぜに◆しだいじや◆
イヤこれハあめだを◆こぼしてなくかい◆
さりとハあめい◆子でハあるぞ
「とかくくろだにの◆あめださまハ◆
ありがたいあめい◆だぶつ/\
「あめをやり◆ませうから◆
きせるのさら◆なりとなん◆
きんのさら◆なりともつて◆
きやんせあ◆めととつ◆
かへこう◆にしてや◆ろう
「こちのうちにも◆とつかへ◆こうがゐる◆
わいのにハ◆とりが

【現代語表記】

それより真如堂《しんにょどう》に参りて、田舎道を辿《たど》り辿り、黒谷《くろだに》に到りける。
ここは紫雲山《しうんざん》光明寺《こうみょうじ》と言う。
境内を回り見るに、熊谷堂《くまがえどう》と言うあり。
色黒き法師の居たりければ、

狂 日に焼けし 法師の顔の 黒谷は 熊谷堂《くまがえどう》を 守るなりけり

飴《あめ》売り
「なんじゃいこの子は。
飴《あめ》を只《ただ》呉《く》れいと言うのか。
アメ過ぎた[舐(な)め過ぎた?]奴じゃ。
その様《よう》なアメえたれた[甘えたれた]事を言わずと、家《うち》へ往《い》んでアメ[お姉(ねい)?]に銭を貰《もろ》うて来きさんせ。
アメ阿弥陀の光も銭次第じゃ。
いや、アメ[涙]を零《こぼ》して泣くかい。
さりとは、アメ[悪い?]子ではあるぞ。」

「とかく黒谷のアメ阿弥陀様は有り難い。
アメ陀仏阿弥陀仏アメ陀仏。」

「飴《あめ》を遣《や》りましょうから、煙管《きせる》の皿なりと、南京《なんきん》の皿なりと、持ってきやんせ。
飴《あめ》と取っ替えこうにしてやろう。」

「此方《こち》の家《うち》にもトッカエコウが居るわいの。
鶏《にわとり》が。」

【さっくり現代語訳】

鼻毛延高《はなげののびたか》千久羅坊《ちくらぼう》は、それから真如堂《しんにょどう》[真正極楽寺(しんしょうごくらくじ)]にお参りして、田舎道をたどって黒谷《くろだに》にやって来ました。
ここは正式名称を紫雲山《しうんざん》光明寺(こうみょうじ》と言います。
境内を巡っていると、熊谷堂《くまがいどう》[蓮池院(れんちいん)]という建物がありました。
色の黒い僧がいたので、次のような狂歌を詠みました。

「日に焼けて顔のい僧が、熊谷堂を管理しています。」

飴《あめ》売り
「なんじゃこの子は?
タダでアメをくれと言いよる。
舐めた[?]事を言うヤツじゃなあ。
そんな甘ったれた事を言わずに、家に言って姉さん[?]に銭を貰って来い!
阿弥陀でも銭がなければ何もしてくれないぞ!
おやまあ、涙を流して泣くのかい。
なんて悪賢い[?]だ。」

子供
「とにかくは、黒谷の阿弥陀のようにありがたい物じゃ。
南無阿弥陀仏、南無飴陀仏。

飴売り
が欲しかったら、煙管《きせる》の皿とか南京の皿とか金目の物を持ってきなさい。
取っ替えっこしてやる。」

子供
僕の家にも「トッカエッコー」って鳴くニワトリがいるよ。」

【解説】

このページでは、主人公の鼻毛延高と千久羅坊は描かれていません。
飴売り子供が描かれています。
実際、黒谷の辺りに飴売りがいたのでしょうかね。
飴売り棒状の飴カメに入った水飴を売っているようです。
左のページにかかっていますが、子供を連れています。

f:id:KihiminHamame:20181101221547j:plain

このころからペットとして飼われていたのですね♪

熊谷堂熊谷直実《くまがいなおざね》出家した場所だそうですが、熊谷直実といえば平敦盛《たいらのあつもり》との男色チックなエピソードが有名ですよね。

ひたすら「アメ」という言葉が文中に組み込まれており、「アメ尽くし」とでも言えば良いでしょうか。
強引にアメを忍ばせようとして、ちょっとよくわかんない所もあります。。。
いつもは「【現代語表記】はすっ飛ばしても大丈夫です」と言うのですが、【さっくり現代語訳】ではこの「アメ尽くし」がちゃんと伝わらないので、できれば今日は【現代語表記】も見ていただければなと。
で、左ページは「シリ尽くし」なのですが、次回に続くのです。 

     

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain

いただいたイヤホンのレビューはこちら♪ NEW!

いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪

いただいたハンドルピッチャーのレビューはこちら♪

  

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w