うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

人のチョメチョメのぞいた男の運命は? その2 【再読】 ~『野傾友三味線』巻三の四「願成就の宮廻」~

 

f:id:KihiminHamame:20210328000235j:plain

前置きの部分だけ書いて中断していたお話再開しますよヾ(๑╹◡╹)ノ"kihiminhamame.hatenablog.com

今回は使える画像がなかったので、文字だけ楽しんでくださいませヾ(๑╹◡╹)ノ"

オリジナルご覧になりたいは、こちらのリンクからご覧ください。
www.wul.waseda.ac.jp

 

翻刻【現代語表記】(クリックで展開)

翻刻

㊃ 願《ぐハん》成就《しやうじゆう》の宮廻《ミヤめぐり》
外宮《げくう》ハ四十末社。内宮が八十
末社《まつしや》。合せて百弐十末社
神/\の名も。今ハしれる人
稀にして。参宮《さんぐう》の者《もの》の宮め
ぐりにハ。旅芝居《たひしバゐ》の曽我十郎
五郎が親父姿《おヤぢすがた》と見ゆる。男
共。お案内申さんと。さきに
たつて。雨の宮風の宮。舟の
神 槌《つち》の神。これがむすぶの神
こちらが大 黒《こく》若恵比須《わかゑびす》。これ
が女道《によだう》の神。裏へまハれば衆《しゆ》
道《だう》の神。これが博奕《ばくち》の神。それ

が上戸の宮。能《よき》をしんぜらるゝ
が福《ふく》の神 鳩《はと》の目を蒔《まく》ハ貧《ひん》
乏神《ほかミ》と。参詣《さんけい》の耳こすり。
野も山も掛《かけ》け奉る金銀の
ひかりをやハらげて。結縁《けちえん》の
はじめに取給ふ事なり。唐《もろ》
土《こし》竹林《ちくりん》の七 賢《げん》も。ほしがる物
は酒。其酒ハ銭に極《きハま》るぞかし。

【現代語表記】

㊃ 願《がん》成就《じょうじゅう》の宮廻《みやめぐ》り

外宮《げくう》は四十末社、内宮が八十 末社《まっしゃ》、合わせて百弐十《ひゃくにじゅう》末社の神々の名も、今は知れる人 稀《まれ》にして、参宮《さんぐう》の者《もの》の宮廻《みやめぐ》りには、旅芝居《たびしばい》の曽我十郎・五郎が親父姿《おやじすがた》と見ゆる男共、「お案内申さん」と先に立って、
「雨の宮・風の宮、舟の神・槌《つち》の神、これが結ぶの神、こちらは大黒《だいこく》・若恵比須《わかえびす》、これが女道《にょどう》の神、裏へ回れば衆道《しゅどう》の神、これが博奕《ばくち》の神、それが上戸の宮、能《よ》きを進ぜらるるが福の神、鳩《はと》の目を蒔《ま》くは貧乏神《びんぼがみ》」
と、参詣《さんけい》の耳 擦《こす》り、野も山も掛《か》け奉る金銀の光を和《やわ》らげて[『日本永代蔵』巻四の三「野も山もみな銭掛松かと思はれ立かかりて拾へば」を踏まえたか]、結縁《けちえん》の始めに取り給う事なり。
唐土《もろこし》竹林《ちくりん》の七賢《しちげん》も欲しがる物は酒、其の酒は銭に極《きわ》まるぞかし。

 

【現代語訳】

巻三の四 願いが叶う宮巡り

伊勢神宮外宮四十末社内宮八十末社合わせて百二十末社ありますが、すべての神様名前を言えるは、めったにいません。

伊勢神宮お参りに来て、それぞれの末社[お宮]を巡る時には、旅芝居の曽我十郎・五郎[曽我兄弟]格好をしたオヤジのような男たちが、「ご案内いたしましょう」と言って引率します。

雨の宮・風の宮舟の神・槌《つち》[工具]の神、これが縁結びの神、こちらは大黒様・若恵比須様、これが女道の神に回ると衆道[男色]の神、これが博奕《ばくち》[賭け事]の神、それが上戸《じょうご》[酒飲み]の神良い物を与えて下さるのが福の神鳩の目銭伊勢神宮にお参りする人がお賽銭代わりに用いた鉛銭。お金としての価値はない]を蒔くのが貧乏神

などと、お参りする人耳元説明します。

誰も伊勢道安全を願って銭掛松《ぜにかけまつ》お賽銭《さいせん》を掛けるように、お参り最初財布の紐が緩んで誰も案内人お金を渡すのは、伊勢神宮の神様お金をお取りになったのと同じです。

中国竹林の七賢も欲しがるものはです。
そのお金がなければ買えないのです。

【解説】

今回はまだ導入の部分で、本編次回から始まります。

結局世の中は、お金だということですかねヾ(๑╹◡╹)ノ"

僕はよりも、が欲しいよヾ(๑╹◡╹)ノ"

末社とは、大きな神社付属する小さな神社のことです。

ほら、神社に行くと本殿とは小さなお社がいくつかあるでしょ、そのことです。

【参考資料】高牟神社(愛知県名古屋市)の末社
f:id:KihiminHamame:20210328001903j:plain

曽我十郎・五郎とは、この時代には誰もが知る鎌倉時代の敵討ち有名な兄弟です。

ここでは親父旅芝居みたいな曽我兄弟格好をしているようですが、実際曽我兄弟若者ですヾ(๑╹◡╹)ノ"

この頃の人たちおもてなし武将隊みたいに、コスプレして案内してたんですかね。

竹林の七賢も、このころは誰でも知っている中国七人の賢人です。

竹林の七賢イコール酒」というイメージがあったようです。

それにしても、団水の文章難解訳しにくいったらありゃしない。。。

 

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ まだ受け付けてますバレンタインヾ(๑╹◡╹)ノ"

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆インフォメーション 

井原西鶴の大著、『男色大鑑』一般向け現代語訳「武士編」及び「歌舞伎若衆編」発売中です♪

北見花芽の中の人もちょっと書いてるので興味のある方も無い方も、下のアマゾンリンクから買ってくださると狂喜乱舞します♪
※ 書店で買っても、北見花芽の中の人には直接お金が入らないので何卒。

全訳 男色大鑑〈武士編〉

全訳 男色大鑑〈武士編〉

  • 発売日: 2018/12/17
  • メディア: 単行本
 
全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

全訳 男色大鑑〈歌舞伎若衆編〉

  • 作者: 染谷智幸,畑中千晶,河合眞澄,佐藤智子,杉本紀子,濵口順一,浜田泰彦,早川由美,松村美奈,あんどうれい,大竹直子,九州男児,こふで,紗久楽さわ
  • 出版社/メーカー: 文学通信
  • 発売日: 2019/10/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

『男色を描く』合わせてお読みいただけるとより楽しめると思いますよ♪
※ こちらも北見花芽の中の人がちょっと書いていますので。 

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

  • 発売日: 2017/08/31
  • メディア: 単行本
 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w