うきよのおはなし~江戸文学紹介ブログ~

江戸文学に少しでも興味を持つ方が増えれば良いなと。

みこし

見越入道といえば、

 

見越入道に出会ったら、「見越し入道、見越した!」と言って上から下に見下ろすと消える

 

と子供の頃に見た妖怪の本に書いてあった覚えがあるのですが、どの妖怪の本に書いてあったのやら、今となってはわかりませぬ。。。

 

百怪図巻より

f:id:KihiminHamame:20171008020204j:plain

 

画図百鬼夜行より

f:id:KihiminHamame:20171008020226j:plain

 

『十界双六』より

f:id:KihiminHamame:20171008150959j:plain

 

どうも、年代が下るに連れて、首が長くなって行ったようです(笑)

 

ちなみに、豆腐小僧の巻で紹介した『夭怪着到牒』では、見越入道化け物の親玉として登場します。 

kihiminhamame.hatenablog.com

 

また、マムショ入道の巻で紹介した『怪談摸摸夢字彙』では、見越入道をもじった見越入湯というパロディー妖怪が登場します。 

kihiminhamame.hatenablog.com

 

見越入湯は、どケチ金持ち親父の成れの果てで、風呂に入っている時でさえ、家の者が無駄遣いをしていないか様子を伺ううちに、自然と首が伸びてしまった。

 

とのこと。

 

つまり、

 

入湯しながらも、家の隅々まで見越す(見通す)から「見越入湯」

 

なんですって!(笑)

 

f:id:KihiminHamame:20171008020623j:plain

 

というわけで、今日も箸休め記事ですいませんでした!(笑)

 

www.amazon.co.jp

 

西鶴と浮世草子研究〈第2号〉特集・怪異―闇の叫びを追究する

西鶴と浮世草子研究〈第2号〉特集・怪異―闇の叫びを追究する

 

 

 

はてブもしていただけたら嬉しいです♪ 憧れのホットエントリーw