うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

ミョウガを食べると物忘れをするんだって! ~『醒睡笑』~

『醒睡笑《せいすいしょう》寛永五[1628]年成立か]は、京都僧侶安楽庵策伝《あんらくあんさくでん》作の笑話集[小話集]、要するに小咄[小噺][こばなし]をまとめた本です。

これが後に落語へと発展していくので、安楽庵策伝「落語の祖」とも言われます。

で、あっちの方のブログのこのお方から、

f:id:KihiminHamame:20180502011213j:plain

「いつになったらミョウガの話を取り上げるの!」

としつこく言われているので、今回は、『醒睡笑』からミョウガのお話をピックアップいたしました!

画像は、万治元[1658]年の刊本からです!

f:id:KihiminHamame:20180502011257j:plain
国立国会図書館デジタルコレクション - 醒睡笑 8巻. [2]
※この記事では国立国会図書館デジタルコレクションの画像を適宜改変して使用しています。

翻刻

醒睡笑巻之六
児《ちご》の噂《うハさ》
▲振舞《ふるまひ》の菜《さい》に茗荷《めうが》のさしミありし
を。人ありて小児《こちご》にむかひ。是《これ》をバいにしへ
より今にいたり。物《もの》よみおぼえん事を
たしなむ程の人は。ミなどんごん草《さう》と
名付《なづけ》。ものわすれするとて。くはぬよし
申されば。児《ちご》きいてあこハそれならく
はふ。くふてひだるさをワすれうと


【原文】

『醒睡笑《せいすいせう》』巻の六
児《ちご》の噂《うハさ》
▲振《ふ》る舞《ま》ひの菜《さい》に茗荷《めうが》の刺し身ありしを、人ありて、小児《こちご》に向かひ、
「是《これ》をバ古《いにしへ》より今に到り、物《もの》読み覚えん事を嗜《たしな》む程の人は、皆、鈍根草《どんごんさう》と名付《なづ》け、物忘れするとて、食はぬ」由《よし》、申されば、児《ちご》聞いて、
「吾子《あこ》ハそれなら食はふ。食ふて饑《ひだる》さ忘れう」と。

【ざっくり現代語訳】

『醒睡笑』巻の六

稚児にまつわる噂話

▲振る舞われた料理の中に、ミョウガ刺し身があったので、ある人年少の稚児に向かい、

ミョウガは昔から、学問をするような人は皆、鈍根草《どんごんそう》と名付けて、物忘れをすると言って食べないものですよ。」

と言ったところ、稚児は聞いて

「そういうことならは食べましょう。食べて空腹忘れましょう」

と言いました。

【解説】

「児[稚児][ちご]は、寺院修行をする剃髪前少年のことです。
女人禁制である寺院では、僧侶男色相手となった存在です。
ちなみに、禅宗系の寺院では「喝食《かっしき》と言いました。

確かにミョウガを食べれば空腹は忘れられますが、ミョウガ以外のものを食べても空腹は忘れられますよね(笑)

それにしても、ミョウガの刺し身」って、要するにただの生のミョウガ
醤油とかはかけたのですかね???

で、『醒睡笑』には諸本あるようでして、万治元年本には収録されていないミョウガの話もあるようです。

江戸の版本の画像が見つからなかったので、近代日本文学大系から引用します。
近代日本文学大系. 第22巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション

【原文】

 或時《あるとき》、児《ちご》、茗荷《みやうが》の和《あ》へ物《もの》を、直物《ひたもの》食せらるゝに、中将《ちうじやう》見て、
「それは周梨盤特《しうりはんどく》が塚《つか》より生《しやう》じて鈍根草《どんこんさう》と言へば、学問《がくもん》など心掛《こゝろが》くる人の、食ふべき事にては無し」
 と戒《いまし》めける時、児《ちご》、
「中/\《なかなか》の事や、是《これ》は鈍《どん》になり、物《もの》を忘るゝ草《くさ》よなう。
 但《たゞ》し嘘であらう。其《そ》の仔細《しさい》は、三年後《さんねんあと》に、この如く和へたる茗荷《みやうが》を食うてあつたが、今にその旨さをば忘れぬ程に、食うたがましよ」
 と。

【ざっくり現代語訳】

 ある時、稚児ミョウガの和《あ》え物をひたすら食べていました。

 中将《ちゅうじょう》[公家の官職。寺院と公家は密接な関係があった]がこれを見て、

「それは周利槃特《しゅりはんどく》[釈迦の弟子で最も愚鈍だった人]から生えてきた鈍根草《どんごんそう》と言い、学問などをする人が食べるものではない」

 と注意したところ、稚児は、

「いかにも、これは鈍くなり、物を忘れる草だと言われております。

 でもでしょう。

 なぜなら、三年前にこのような和えたミョウガを食べたましたが、その美味さ忘れていないので、食べた方が良いにきまってます。」

 と言い放ったのでした。

【解説】

今度はミョウガの和え物」ですか♪
何と和えたのでしょうかね?
レシピプリーズ!!!

釈迦弟子でもっとも出来が悪かった人から生えてきたのがミョウガなんですと!
だからミョウガを食べると物忘れをするんですって!

でも、稚児ミョウガ美味さを忘れていないからそれはだって見抜くのでした!
ですよね、私もミョウガをいっぱい食べるけど、こんなに聡明ですもの!

え? でも、今日大切な日だってこと忘れてるじゃん。。。

何の日だっけ? ゴミの日

バカ! 今日北見花芽の誕生日だよ!

 

ゴールデンウイークだよ!くずし字クイズ!

さあ、まだゴールデンウイークのくずし字クイズは終わらないよ!

狂言記』「鈍根草」目次部分から出題だよ!

f:id:KihiminHamame:20180502013325j:plain
国会図書館デジタルコレクションより

ヒントもたっぷりだあ!

f:id:KihiminHamame:20180502013424j:plain

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ ご支援よろしくお願いします♪

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain
いただいた紅茶のレビューはこちら♪

いただいた桂花陳酒のレビューはこちら♪

 いただいたぺんてる筆のレビューはこちら♪ NEW!

 

◆オススメ書籍 私もちょっとだけ書いてます♪

西鶴作品が現代語でわかりやすく読めます♪ 

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

気楽に江戸奇談! RE:STORY 井原西鶴

 

江戸の男色文学を紹介するエッセーなどが掲載されています♪

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

男色を描く: 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉

 

 

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

 

はてなIDをお持ちでない方も、拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
(コメントもできます)

web拍手 by FC2

 ◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
にほんブログ村


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします。憧れのホットエントリー(笑)