うきよのおはなし~江戸文学が崩し字と共に楽しく読めるブログ~

江戸文学の楽しさを皆さんにお伝えできれば♪

発端『稲生平太郎妖怪記』(『稲生物怪録』)

 

 今回から、ももはな (id:however-down) さんリクエスにお応えして、稲生物怪録《いのうもののけろく》[「いのうぶっかいろく」とも]を読んで行きたいと思います。

 とは言っても、稲生物怪録出版されたものではなく、書き写されて伝わったもので、色々なパターンの写本存在します。

稲生物怪録というのも、あくまでもこの系統の作品の統一書名で、タイトル写本によってマチマチです。

 今回紹介するのは、絵本系と呼ばれる系統の一冊で、タイトル稲生平太郎妖怪記』となっています。

 今回紹介する写本は、絵も字も下手であまり出来が良くないのですが、ブログに載せても大丈夫なのがこれしかなかったのでヾ(๑╹◡╹)ノ"
 なお、【原文】では、誤字脱字はできる限り修正しています。
 挿絵の位置本文と合っていないので、合わせました。

f:id:KihiminHamame:20211016162907j:plain

f:id:KihiminHamame:20211016162919j:plainf:id:KihiminHamame:20211016162914j:plain

f:id:KihiminHamame:20211016162931j:plainf:id:KihiminHamame:20211016162925j:plain

f:id:KihiminHamame:20211016163159j:plainf:id:KihiminHamame:20211016163206j:plain

f:id:KihiminHamame:20211016163213j:plainf:id:KihiminHamame:20211016163220j:plain

f:id:KihiminHamame:20211016163449j:plainf:id:KihiminHamame:20211016163459j:plainf:id:KihiminHamame:20211016163509j:plain
(左下に蓑笠で比熊山を登る平太郎の姿)

新日本古典籍総合データベース
※この記事では、国文学研究資料館所蔵品の画像データを適時加工して利用しています。 (CC BY-SA 4.0)
※画像は拡大できます。

【原文】

西州《せいしう》の人に稲生平太郎《いのうへいたろう》と言へる者有り。
其《そ》の男氣なる事、人に優れける。
然《しか》るに、寛延《かんえん》年中、其の年十六歳にして、七月上旬の間、昼夜妖怪に出逢ひしが、勇氣 弥増《いやま》しにして、少しも恐るゝ氣色《けしき》無く、終《つひ》に化け物 退《しりぞ》きしは、誠に類《たぐひ》無き有様《ありさま》也。
彼《か》の平太郎、化け物に逢ひし起こりは、勇氣成る餘《あま》りにや、近き処《ところ》に権八《ごんぱち》と言へる相撲《すまい》有りしに、彼が宅に夜毎《よごと》〻行き、其の術《わざ》を習ひしが、若き者寄り合ひていろ/\物語せしに、ふと勇氣の勝る劣《おと》るなど争ひ、平太郎権八互ひに強く争ひ、「然《さ》らバ勇氣の試《ため》しせん」と申せしより、此《こ》の事始まりけるとなり。
勇氣の試しせんとなし、五月三日の夜なりける、雨風 頻《しき》りになるを「良き時」と申し合はセて、平太郎ハ蓑《ミの》笠にて此の国に名高き比熊《ひぐま》の山に登りける。
元より道の案内も知らず、しかも暗き夜なれば、漸《やうや》うとよじ登り、後は蓑笠も打ち捨てゝ終に山の頂《いただき》なる千畳敷《せんてふじき》と言へるに到《いた》り、彼の申し交はせし印《しるし》の札を結び置きて、明ヶ近き頃に事無く帰りけるとなり。

かくて権八も印の札を結び置きしには興《きょう》を醒《さ》ましけるが、「猶《なほ》、平太郎が氣勢《きせい》を試しばや」と、「彼の比熊の山に到り、百物語リせん」と又も誘《いざな》ひつゝ、五月廿六日と約し、暮の頃、灯火《ともしび》の設《まう》けなどして、両人の者は比熊なる千畳敷に上りしが、彼の古き塚の許に到り、夜もすがら怪《あや》しの物語をなし、百の数を積もりけるとぞ。

【現代語訳】

 西の方の国稲生平太郎《いのうへいたろう》という者がいました。
 平太郎勇気(何事も恐れない勇ましい気持ち)は、より優れていました。

 寛延《かんえん》[1748~1751年]年間平太郎十六歳の年七月上旬から三十日の間、平太郎妖怪出会いました。
 しかし、平太郎の勇気増すばかりで、少しも妖怪恐れる様子も無く、とうとう化け物去って行ったのは、実にこれまでなかったほどすごい事です。
 その平太郎化け物出会うことになった原因は、勇気有り余っていたからでしょうか。

 平太郎近所に住む権八《ごんぱち》という相撲取りに毎晩通い相撲の技を習っていました。
 ある時、若い者たちが集まって、いろいろとをしているに、「どっちの方が勇気あるかないか」の言い争いになりました。
 特に平太郎権八お互いに激しく言い争い、「それならば、どっちが勇気があるか度胸試しをしよう」ということになったのが、そもそもこの出来事始まりでした。

 度胸試しをすることになり、五月三日[北見花芽の誕生日]の夜雨風強いのを「絶好の機会」と双方合意し、平太郎この国有名比熊山《ひぐまやま》広島県三次市蓑《みの》と笠という軽装登りました。
 元々道順も知らず、しかも暗い夜なので、なんとかしてよじ登り、そのうち邪魔なのでポイして、とうとう山の頂上千畳敷《せんじょうじき》[比熊山城本丸の跡]という場所到達しました。
 そして、登った証拠の札、約束した場所結んで、明け方近く無事帰ってきました。

 こういうわけで、あっさりと平太郎札を結んだので、権八どん引きしたのですが、「もっと平太郎がどれだけ勇気があるか試したい」と思い、「その比熊山にもう一度行って、百物語をしよう」と誘いました。
 決行日五月二十六日約束し、の頃、灯火用意などして、平太郎権八二人比熊山千畳敷まで登りました。
 そして、タタリがあるという古い塚に行き、一晩中怪談話をして、その百話達したのでした。

【解説】

 勇気あ十六歳少年稲生平太郎の家三十日間妖怪現れたというお話です。

 主人公稲生平太郎は、実在の人物で、現在子孫の方がいらっしゃいます。
 なので、このお話は誰が何と言おうと実話なのです(笑)

 今回は発端《ほったん》の部分で、平太郎隣人の力士権八比熊山百物語をします。
 これまで、何回か百物語を取り上げましたが、百物語をすると化け物現れると言われていましたヾ(๑╹◡╹)ノ"

kihiminhamame.hatenablog.com

 百物語の後に出て行って「何かようかい?」って言おうかなヾ(๑╹◡╹)ノ"

 

【三つ目からの挑戦状~くずし字クイズ(正解は次回)】

f:id:KihiminHamame:20211016165348j:plainf:id:KihiminHamame:20211016165353j:plain

 

◆インフォメーション

※北見花芽の中の人も少しだけ付録CDで担当しています。

※付録CDに『武太夫物語絵巻』(『稲生物怪録』)が収録されています。

北見花芽愛用のくずし字辞典です。

 

◆北見花芽のほしい物リストです♪ 

f:id:KihiminHamame:20171119223122j:plain 

いただいた商品のレビューはこちら♪   

◆北見花芽 こと きひみハマめ のホームページ♪

f:id:KihiminHamame:20171108164138j:plain

◆拍手で応援していただけたら嬉しいです♪
はてなIDをお持ちでない方でも押せますし、コメントもできます)

web拍手 by FC2

◆ランキング参加してます♪ ポチしてね♪

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村 


江戸時代ランキング

◆よろしければ はてなブックマーク もお願いします♪ バズりたいです!w